JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

国内女子

“切磋琢磨”で渋野日向子が2位キープ 同組・原英莉花も復調を証言「一緒に回っていて怖いな」

渋野日向子と原英莉花がヒジタッチ! 優勝争いに期待! JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2020)(2日目) 写真・佐々木啓
渋野日向子と原英莉花がヒジタッチ! 優勝争いに期待! JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2020)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 原 英莉花 -4 -9
2T 古江 彩佳 -6 -7
2T 西村 優菜 -6 -7
2T 渋野 日向子 -3 -7
5T 上田 桃子 -3 -6
5T 李 知姫 -3 -6
5T 三ヶ島 かな -3 -6
8T 申 ジエ -5 -5
8T 小祝 さくら -2 -5
10T 全 美貞 -3 -4
<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇27日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6543ヤード・パー72>

渋野日向子が連日の60台のラウンドで2位をキープ。首位の原英莉花と2打差のトータル7アンダーで3日目に向かう。後半に喫した2つのボギーには「悔しい」と顔をしかめたが、「1日3アンダーが目標だったので、それを達成できたのでよかったです」と及第点をつけた。

2つ伸ばして迎えた6番のセカンドショットを50センチにつけバーディを奪うなど、前半から軽やかにスコアを伸ばしていく。後半に入っても10、11番で連続バーディ。一時は同組で首位スタートの原英莉花を抜いて、トップにも立った。

しかし2オンに成功した13番のパー5で3パットし、スコアを伸ばしそこねると「あそこで流れが変わった」。直後の14番でボギー、さらに最終18番でも2メートルのパーパットを外し、少しモヤモヤが残るホールアウトになってしまった。それでも「13番でも気持ちは切れてなかった。上位にいることでマイナスに考える部分も減っている」と、しっかりと気持ちを切り替え明日に臨めそうだ。

そんな上位争いのなかで集中力を保てたのは「切磋琢磨」の気持ちがあったことも大きい。この日は同期で同級生の原とトップの座を争い続けたが、「負けないようにと思って18ホール回れました。お互いのいいところを認め合って『ナイス~』と声をかけあったり、ほんとうに楽しく回れました」と競り合いながら2人でスコアを伸ばしていった。

その原も「(渋野が)しっかり球をとらえて、バーディパットもしっかり打ってくる。終始気が抜けないラウンドになりました」と、この2サムで気持ちを高めたが、そのラウンド中には渋野の変化も感じ取っていた。

「TOTOジャパンクラシック」、「伊藤園レディス」でも同じ組でプレーしたが、その時と比べ「芯をとらえた球の飛び方をしていたし、パターも迷いなく打っていた。前は不安そうに見えたんですけど、それもまったくない。強さを感じたし、一緒に回って怖いなと思いました」という違いを証言した。

それを裏付けるように、渋野も「今はプラスに考えられる」など前向きな言葉を並べる。2つのボギーはアプローチを寄せきれず喫したものだが、それについても「落としたい場所には落とせている。深く考えていません」とネガティブな要素は一切ない。

最後は18番のボギーを明日への教訓とするように、「締めがわりーのは2日続けてやるんじゃね~(笑)」と“らしさ全開”の明るさも見せた。“怖さ”を取り戻した渋野が、残る2日間で2020年のラストスパートをかけていく。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「流れが変わった」パー5で2オン3パットパーもなんのその 渋野日向子は3つ伸ばし2位T
・2冠に向け一歩前進  “メジャーに強い”原英莉花へ「最後にそう思ってもらえるよう頑張る」
・バックナインだけでチップイン・イーグル2回 古江彩佳が3週連続Vに向け“猛ラッシュ”

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング