伊藤園レディスゴルフトーナメント

国内女子

勝負決した“スーパーショット”と卓越した“アプローチ” 古江彩佳の技が光った優勝劇

激闘を制した古江彩佳 切れ味鋭いショットはプレーオフでも健在だった 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2020)(最終日) 写真・米山聡明
激闘を制した古江彩佳 切れ味鋭いショットはプレーオフでも健在だった 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2020)(最終日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 古江 彩佳 -2 -12
2 酒井 美紀 -5 -12
3T ペ・ソンウ -4 -10
3T ユン・チェヨン -2 -10
3T イ・ボミ -2 -10
6T 菅沼 菜々 -2 -9
6T キム・ハヌル -1 -9
8T 福田 真未 -3 -8
8T 吉本 ひかる +2 -8
10T 工藤 遥加 -3 -7
<伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇15日◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741ヤード・パー72>

首位タイからスタートした“プラチナ世代”のルーキー・古江彩佳が、トータル12アンダーで並んだ酒井美紀をプレーオフ(18番パー4繰り返し)で退け、9月の「デサントレディース東海クラシック」に続く今季2勝目を挙げた。

3ホール目までもつれこんだ1対1の“死闘”に、あとわずかでショットインイーグルというスーパーショットでケリをつけた。残り161ヤードのセカンドショットで7番アイアンを振り抜くと、ボールはグリーン中央に切り直されたピン目がけて飛んで行った。

「打った感じはすごくよかった。縦距離は分からなかったけど、ラインには乗ってるかなって。(見ていた)スタッフさんなどの歓声も聞こえて、近いんだなと思いました」

ピン手前に着弾すると、コロコロと転がったボールはカップの上を通過。惜しくも直接カップインとはならなかったものの、これがベタピンに。続くバーディパットで、楽々これを流し込んだ。決着をつけるとキャディとヒジタッチした後、酒井に一礼。「うれしいという気持ちもありましたが、トップで出てそのまま優勝できてホッとしました」と、安堵感のほうが大きい通算3勝目(アマ1勝も含む)となった。

2試合連続となるプレーオフで優勝をつかんだ。20歳とは思えない精神力はさることながら、その技術力には驚かされるばかり。若きショットメーカーらしいプレーオフの一打もそうだが、卓越したアプローチもキラリと光った。その1つのシーンが最終日の7番パー3にあった。

ここでのティショットはグリーン左に外れ、ピンまで下り15ヤードの距離を残した。力加減を間違えれば、ピンから一気に離れる、そんな状況だ。この場面で58度のウェッジを握った古江は、チョコンと軽く打ち出す。「3.5ヤード」ほどキャリーで進んだボールは、一瞬カラーで止まりそうになったが、そこから傾斜を下ってカップ方向へ。これが1メートルほどの場所にピタリと寄って、きっちりとパーを拾った。

思わずうなってしまうような技を見せたが、本人は「アプローチは得意じゃないです。まだまだだと思ってる」とあっけらかんと話す。その強化のため、今週は練習場で8ヤードほど先に置いたカゴにウェッジでボールを20球入れる「遊びも兼ねた」練習も続けた。「入れないと“帰れま10”って言いながらやってました。10球は上げて、10球は58度を使って(高さを出さずに)入れる」というドリルで磨きをかけた。

日頃から「ゴルフを楽しみたい」とよく口にする古江だが、その精神はこんな練習にも表れ、そして結果へとつながっている。今年残っている国内ツアー2試合への意気込みを聞かれても、「変わらず楽しんでいければいいなと思います」という答えを返すだけだ。その言葉通り、今週も終始笑顔でプレーを続けた。しかし、きっちりと“強い古江”も印象づけた、そんな圧巻の優勝劇だった。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・3日間ノーボギーの末の敗戦 酒井美紀が6年ぶりV阻まれたルーキーを賞賛「うまい、というか強い」
・誕生日は「ぶりの照り焼き」で祝福 渋野日向子、22歳初日の決意
・「足りないものが見つかりました」 吉本ひかるは8位終戦で初優勝持ち越し
・“プラチナアマ”政田夢乃がベストアマ受賞 優勝した同級生・古江彩佳には「すごいなーという感じ」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ