TOTOジャパンクラシック

国内女子

渋野日向子は「やっとだな(笑)」 内容重視も今季初のアンダーパーに“ホッ”

渋野日向子は今季国内初のアンダーパーラウンド TOTOジャパンクラシック(2020)(初日) 写真・鈴木祥
渋野日向子は今季国内初のアンダーパーラウンド TOTOジャパンクラシック(2020)(初日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 藤田 さいき -7 -7
1T ペ・ソンウ -7 -7
3T 大里 桃子 -6 -6
3T 申 ジエ -6 -6
5T イ・ミニョン -5 -5
5T 若林 舞衣子 -5 -5
5T 勝 みなみ -5 -5
5T 臼井 麗香 -5 -5
5T 植竹 希望 -5 -5
10T 西郷 真央 -4 -4
<TOTOジャパンクラシック 初日◇6日◇太平洋クラブ 美野里コース(茨城県)◇6554ヤード・パー72>

「TOTOジャパンクラシック」初日、渋野日向子は5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「71」でラウンドし1アンダー・38位タイ。今季日本ツアー3試合目、5ラウンド目にして初のアンダーパーに「久しぶりにアンダー、日本では今年初めてですよね(笑)、やっとだなと思います」と安どした。

出だしの1番で残り148ヤードの2打目を1.5メートルにつけて幸先のいいバーディ発進を決めた渋野だったが4番でトラブル。ラフからの2打目がバンカーで埋まってしまい、競技委員を呼んで捜索。ボールは見つけたが埋まっていたためアンプレヤブルに。さらにドロップしたバンカーからの4打目はグリーンオーバー。このホールをダブルボギーとしてしまう。

その後もボギーとバーディが交互に来る展開が続いたが、折り返しての11番で残り128ヤードから8番アイアンで30センチにピタリとつけて楽々バーディとすると、次の12番パー5でも連続バーディ。18番で「力んだ」とティショットを大きく左に曲げて、「しびれました」と5メートルのパーパットを残したが、これを気合で沈めてホールアウト。「結果よりも内容を」と話していたラウンドでスコアを伸ばした。

これまで結果を追い求め過ぎていた、と反省した渋野は今大会では結果よりも過程を重視。例えばパッティングはカップに入る、入らないよりも「短いパットで緩まない」といったテーマを決めて取り組んだ。「カップやボールを追いかけてしまって短い距離を外したところもありましたが、一度も緩まずにできたと思う」とボギーとなっても部分点をつけられるようになった。その結果、「先週がマイナス100点だとしたら、今日は0点です」と復調への糸口が見えてきた。

さらにこんな効果もあった。「気持ち的に落ち込むことがなかった」とメンタル面に安定をもたらした。今までピンを狙い過ぎてショートサイドに外してボギーとなれば落ち込んでいたが、外しても「アプローチ、パターのテーマに集中しよう」。そのテーマは“自分ができるかどうか”のテーマのため運に左右されにくく、できればOK、できなきゃダメと明確になったことで「つぎ頑張ろう」という気持ちが生まれた。つまり、自分を追い込み過ぎなくなったのだ。

あす以降もショットからパッティングまでテーマを持って臨む予定。「アンダーで回りたい気持ちは強いです。ただ、やっぱり結果よりは内容をしっかり求めていきたいと思っているので、悪いスコアの中でも納得できるような内容が増えていけるようにしたい」。目先の結果にとらわれ過ぎずにプレーして、アンダーパーが出たのは好材料。2日目も同じ気持ちで18ホールへと向かっていく。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「アンダーだけど内容はまだまだ」 渋野日向子『71』で初日終了
・妊娠7カ月の戦い、横峯さくらは「胎動を感じた(笑)」 同組の先輩ママ・若林舞衣子は「挑戦する気持ちスゴイ」
・「人生初」同組となった原英莉花と畑岡奈紗 お互いのプレーをどう見たか
・畑岡奈紗は首位と4打差発進も… ティショット修正でさらなるチャージの予感
・ルーキー・西郷真央に復調の兆し 新アイアンも好発進を後押し

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ