TOTOジャパンクラシック

国内女子

「絶対に勝ちたかった」申ジエが亡き母に捧げるV 史上9人目の54ホールノーボギー

ウイニングパットを沈めた申ジエ グッと左こぶしを握り締めた TOTOジャパンクラシック(2020)(最終日) 写真・鈴木祥
ウイニングパットを沈めた申ジエ グッと左こぶしを握り締めた TOTOジャパンクラシック(2020)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 申 ジエ -6 -19
2 笹生 優花 -9 -16
3T 全 美貞 -7 -14
3T 若林 舞衣子 -6 -14
3T 畑岡 奈紗 -6 -14
6T 鈴木 愛 -7 -13
6T イ・ミニョン -2 -13
6T 木村 彩子 -1 -13
9T 西村 優菜 -4 -12
9T 藤田 さいき -3 -12
<TOTOジャパンクラシック 最終日◇8日◇太平洋クラブ 美野里コース(茨城県)◇6554ヤード・パー72>

前日の夜に雨が降ってグリーンが柔らかくなった影響もあり、バーディが乱れ飛ぶ戦いとなった「TOTOジャパンクラシック」。激戦を制したのはトータル19アンダーまで伸ばした申ジエ(韓国)だった。

前半は苦しんだ。ショットは好調でチャンスにつくが、パッティングを決められない。そうしているうちにも後続が押し寄せてくる。「焦りはありました」。最終日に2位スタートながらも、スコアを落としてV逸した前週の「樋口久子 三菱電機レディス」のような悪い流れとなっていく。

だが、2週連続で同じ過ちを繰り返さないのが元世界1位。「7番でパッティングのリズムが悪くなっているのが分かりました。力んでしまっていて、テークバックでインに引きすぎていました。真っすぐ引くようにしたら良くなりました」。

この修正力でバーディを重ねていくと圧巻は17番パー5。「ボードを見たら笹生(優花)さんに追いつかれているのが分かりました。バーディ以上は絶対に獲らないと」と気合いを入れたこのホールで2オンに成功すると、16メートルを沈めてイーグルを奪取。迫りくる若き大砲を振り切ると、18番でも自分を祝うかのようにバーディ締め。大会3勝目を今年の「デサントレディース東海クラシック」の古江彩佳に続く史上9人目のノーボギー優勝で決めた。

最終日となった8日は17年前、不慮の事故で亡くなった最愛の母・ソンスクさんの命日だった。「いつも一緒にいてくれていると思っています。一緒に優勝したかった」。強い思いを胸に、この日は全身黒のウェアで喪に服してプレー。「絶対に勝ちたかった。(母のことを)考えすぎると心が弱くなると思って、強い気持ちで戦いました」。難しい精神状態をうまくコントロールして、“2人”でトロフィーを勝ち取った。

もう一つ、ジエに強い気持ちを授けたのが、昨年契約を結んだ太平洋クラブでお世話になっている人たち。今年は同コースでの開催とあって、ホステスプロとしていい姿を見せたかった。「プレッシャーもありましたけど(笑)、感謝したい気持ちが強かった」と見事最高のかたちで恩返しを決めた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で来日が遅れ、今大会で日本ツアー5試合目だが早くも2勝目となった。「日本ツアーが開幕してから早く試合に出たい気持ちもありましたが、今こうしてプレーができているのでもありがたいくらいです」。この勝利で賞金ランキングは5位に浮上した。「今シーズンは特別長い。体のコントロール、リカバリーが大事になってくると思います。20歳前後の選手が強いですが、30代も頑張っています(笑)」。14年に日本ツアーに本格参戦してから手が届きそうで届かない韓国、アメリカに続く3カ国目の賞金女王へ、一気に弾みをつけた。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・自己ベストタイで猛追の笹生優花 申ジエが「似ている」と重ねるのは元世界1位
・畑岡奈紗は3位タイも「収穫はあまりない」 今季最後のメジャーへ課題は?
・「ようやく優勝が見えてきた」 鈴木愛がパット復調で“今年一”のゴルフ
・妊娠7カ月・横峯さくらは3日間を無事に終え“ホッ” 「きょうが一番胎動を感じて、すごく元気でした」
・“95点減点”のラウンドでもノーボギー 渋野日向子が我慢できるようになった要因は?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ