富士通レディース

国内女子

淺井咲希が「67」マークで単独トップに浮上 2位にエース達成の申ジエ

淺井咲希が単独首位に浮上した 富士通レディース(2020)(2日目) 写真・米山聡明
淺井咲希が単独首位に浮上した 富士通レディース(2020)(2日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 淺井 咲希 -5 -5
2 申 ジエ -2 -4
3 ペ・ソンウ +1 -3
4T 脇元 華 -3 -2
4T 全 美貞 -1 -2
4T 稲見 萌寧 +1 -2
7T 石川 明日香 -1 E
7T 西村 優菜 -1 E
7T 安田 彩乃 +2 E
7T 柏原 明日架 +2 E
<富士通レディース 2日目◇17日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659ヤード・パー72>

強い雨が降る続くなか行われた第3ラウンドで、6バーディ・1ボギーの「67」と一気にスコアを5つ伸ばした淺井咲希が、トータル5アンダーで単独首位に立った。先週プレーオフで敗れ2位タイに終わった黄金世代の一人が、ツアー2勝目をかけ最終日のラウンドに臨む。

1打差の4アンダー・2位には、この日4番パー3でホールインワンを達成した申ジエ(韓国)が続く。初日トップに立ったペ・ソンウ(韓国)は3アンダー・3位に後退した。2週連続優勝を狙う稲見萌寧は、脇元華、全美貞(韓国)と並ぶ2アンダー・4位タイで最後の18ホールへ向かう。

大会を主催する富士通に所属する柏原明日架は、小祝さくらや今季2勝のルーキー・笹生優華らと同じトータルイーブンパー・7位タイ。昨年覇者の古江彩佳はトータル1オーバー・14位タイで予選を通過した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・最後まで直せなかったスイングのズレ 小祝さくらは珍しくキッパリ「明日こそはリベンジ」
・脇元華は“桃子流”でパット復調 約1年半ぶりの優勝争いへ
・安田祐香が首痛で棄権 「無理してやるべきではない」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ