スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

「同年代が活躍して悔しかった…」 “狂った歯車”戻した稲見萌寧が笑顔と涙のツアー2勝目

“はざま世代”のエース・稲見萌寧 激闘を制してツアー2勝目をつかんだ スタンレーレディスゴルフトーナメント(2020)(最終日) 写真・村上航
“はざま世代”のエース・稲見萌寧 激闘を制してツアー2勝目をつかんだ スタンレーレディスゴルフトーナメント(2020)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 稲見 萌寧 -5 -5
2T ペ・ソンウ -5 -5
2T 淺井 咲希 -4 -5
4 イ ナリ -3 -4
5T 比嘉 真美子 -5 -2
5T 古江 彩佳 -4 -2
5T 原 英莉花 -6 -2
5T 小祝 さくら -2 -2
5T 穴井 詩 -2 -2
5T 山下 美夢有 -1 -2
<スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日◇11日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6572ヤード・パー72>

稲見萌寧が、昨年7月の「センチュリー21レディス」以来となるツアー2勝目を静岡の地で挙げた。トータル5アンダーで並んだ淺井咲希、ペ・ソンウ(韓国)との三つ巴のプレーオフ(PO)を1ホール目で制し、笑顔&涙で1年ぶりの勝利の喜びを噛みしめた。

18番パー5が舞台となったエクストララウンド。ここで「ようやく優勝を意識した」という稲見が、アドレナリン全開のプレーで勝利を手繰り寄せた。正規の18番の三打目が残り116ヤードだったのに対し、「振り切りました」というPOは残り86ヤード。30ヤードも飛距離が変わるほど、気合が入っていた。「ビビッてミスをするより、思い切ってミスをするほうがいい」。覚悟を決めてクラブを振り抜いた。

最後は「入れる気まんまん」と放った4mの、ほぼストレートラインのバーディパットをねじ込む。カップに決まったことを確認すると、競り勝ったソンウ、淺井が見守るなか右手拳を力強く3度振り下ろした。「2人とも優勝経験者ですが相手が誰かは気にせず、強い気持ちでプレーしようと思ってました。淺井さんとは年も近いし、いい緊張感がありました」。勝負のホールを、まさに気持ちで制した。

7人が並ぶ首位から1打差のイーブンパーでスタートし、5バーディの「67」をマーク。「15番で4mのパットが決まってくれて、それで流れがよくなりました」と、終盤の追い上げで一気に優勝争いに加わった。ウイニングパットを決めた後は満面の笑みで勝利を喜んだが、クラブハウス近くで「よき友でよきライバル」といつも一緒にいる1歳年上の親友・高橋彩華に祝福され涙が込み上げた。

「初優勝してから、それに満足している気持ちがありました。でも今年、全英女子に出場した後、うまくいかない試合が続いた。そこで練習を頑張ったことが、この優勝につながったと思います」

この涙には、そんな思いも込められていた。今年8月に行われた海外メジャー「AIG女子オープン」から帰国後は、2週間の自主隔離期間や「日本で出られなかった分を取り返そうと空回りしていました」というメンタル面が悪い方向に働いた。復帰直後の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」で予選落ちするなど、思うようなプレーができない。そこで、少し減らしていた練習量を見直した。みっちりとトレーニングを積むことで失いかけた自信を取り戻し、2勝目という形で結実させた。

この間には2学年下の笹生優花の2連勝や、1つ下の古江彩佳のプロ初優勝、さらに小祝さくらや原英莉花といった1学年上の世代がツアーを席巻した。その光景を見ながら「同年代の選手が活躍するなか、自分はうまくかみ合わず中途半端な順位。悔しい思いはありました」と唇を噛む日々も送った。

「また来週からたくさん練習して、さらに優勝を目指していきたいです」。プラチナ世代、黄金世代の間に位置し、“はざま世代”とも言われる1999年度生まれのエースが複数回優勝を成し遂げた。調子を落とすきっかけになった全英女子についても「いい経験になったので後悔は全くない」と笑顔で振り返る。狂った歯車はようやく戻った。ここからさらに、その存在感を知らしめていく。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・稲見萌寧が三つ巴を制し涙のV「2勝目の今回の方が楽しめた」
・三つ巴のPOで敗れた2人 淺井咲希が悔やんだ最後の一打「想定外でした」
・ウキウキのラウンドで“汚名返上”! 原英莉花が『66』の猛チャージ「いつでもやる気あります!!」
・笹生優花が今季5つ目のイーグル奪取! “シーズン30個以上”の超ハイペース?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ