デサントレディース東海クラシック

国内女子

プラチナ世代・古江彩佳がプロ初優勝! 「体が動かなく…」アマとは違う重圧に打ち勝つ

アマでも優勝、プロでも優勝 デサントレディース東海クラシック(2020)(最終日) 写真・村上航
アマでも優勝、プロでも優勝 デサントレディース東海クラシック(2020)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 古江 彩佳 -4 -15
2 東 浩子 -4 -15
3 サイ ペイイン -3 -11
4 藤田 さいき -3 -10
5T ささき しょうこ -5 -9
5T 宮田 成華 -4 -9
5T 酒井 美紀 -3 -9
8T 笹生 優花 -5 -8
8T 稲見 萌寧 -2 -8
8T 仲宗根 澄香 -2 -8
<デサントレディース東海クラシック 最終日◇20日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)◇6456ヤード・パー72>

互いにノーボギーの一騎打ちとなった「デサントレディース東海クラシック」。プレーオフまでもつれる激闘を制したのはプラチナ世代・古江彩佳だった。

首位タイから出た古江は、2番で4mを沈めるなど前半で3バーディを奪取。単独首位で折り返したが、「後半からショットが…」となかなかチャンスにつけられず。12番ホールで東浩子に並ばれると、互いにパーを並べる膠着状態に。

そうして東と同スコアで並んで迎えた最終ホール。2打目を「何をやっているんだと思っていました」とチャンスに付けられずピンまで約18m。対する東は7mと古江の内側につける。パーでセーブしよう、そう考えた。「タッチを合わせるだけ。パーで安泰かなと思いました」。だが、このパットが「カップに吸い込まれた」とまさかのバーディ。これで決まったかに思われたが、対する東も入れ返して19ホール目へと突入する。

プレーオフ1ホール目。互いにフェアウェイに置いたが、東が「攻めきれなかった」と手前7mとピンにつけることができなかったのに対し、古江はピンに当たる会心のショットで30cmにピタリ。このパットを沈めて、自身初となるプレーオフで勝利をもぎ取った。

昨年の「富士通レディース」をアマチュアで制した時とは全く異なる勝ち方だった。失うものがなかった1年前にはなかった重圧が、大きく押し寄せてきた。「プロとしての初優勝を意識したのか、後半体が動かなくなってきた気がしました。守らなきゃいけないけど、攻めなきゃもいけないという気持ちが邪魔していたのだと思います」。ホールを経るごとに、持ち前の伸び伸びとしたプレーができなくなっていく。そしてバーディも奪えなくなっていた。

吹っ切れたのはプレーオフ。「もうスコアは関係ない。いったもん勝ち、逃げたら負け」とようやく攻める気持ちを取り戻した。そのメンタルが大会55ホール目にして「自分を褒めたい、完璧なショット」という最高の結果を生み出した。

新たな栄冠を手にして迎える次戦は、1週空いて国内メジャー2戦目「日本女子オープン」。アマ時代は4度出場したが、プロとして出場するのは今回が初めて「メジャーの大会なので頑張りたいのはありますが、まずは予選通過をしたい。初日から自分のプレーをして楽しくやりたいですね」。あどけなさの抜けた、プロとしての意気込みを語る20歳がそこにいた。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・メンタル面の成長実感 東浩子は初V逃すも前向き「悔しいけど、楽しみしかない」
・笹生優花が今季4度目のトップ10! 女子OPまでの1週間は「ゴロゴロ」
・小祝さくら、黄金世代最速2億円突破も無関心? 「特にないですね」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ