日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

国内女子

“天然発言”はきょうも好調 小祝さくらがピンチ切り抜け2週連続Vへ好発進

”天然発言”も好調な小祝 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(2020)(初日) 写真・佐々木啓
”天然発言”も好調な小祝 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(2020)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T イ・ミニョン -6 -6
1T 青木 瀬令奈 -6 -6
3T 木村 彩子 -5 -5
3T テレサ・ルー -5 -5
5T 城間 絵梨 -4 -4
5T 菊地 絵理香 -4 -4
5T 小祝 さくら -4 -4
5T 吉田 優利 -4 -4
5T 笹生 優花 -4 -4
5T 原 英莉花 -4 -4
<日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 初日◇10日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640ヤード・パー72>

先週の「ゴルフ5レディス」でツアー2勝目を挙げた小祝さくらが、メジャー大会でも上位争いに食い込んできそうだ。風の影響も少なかった午前組で回った初日を終え、4アンダーの5位タイと好発進。「後半はショットがよくなかった」とピンチも切り抜けながら、ボギーフリーでラウンドを終えた。

10番スタートの前半から3つのバーディを奪うと、折り返し直後の1番でも6mを沈めスコアを伸ばすなど、いい流れを作った。しかしその後は「ティショットをラフやバンカーに入れてしまったり…」と、ショットに乱れが生じる。小祝にとっては安定のゴルフ、というよりも、「ナイスパー」に救われた1日という印象が残る大会初日だった。

終盤の8番パー3では、ショットが右奥のカラーに着弾。ピンまで15mの位置でパターを握ったが、これが3mもオーバーした。しかし、これをなんとか沈めてパーセーブ。最近の好調の要因を「もともと2~3mのパーパットが入らないことが多かったけど、それが決まってくれます」と話すが、まさにその通りのプレーでスコアロスを防いだ。

初日の目標を「4アンダー」に設定しスタートしたが、これもクリア。後半から吹き始めた風にも対応していった。早朝は雨予報が出ている明日は、午前11時40分と昼前のスタートとなり風がさらに大きな影響を及ぼす可能性もある。「風があるなかで、いいプレーができたら」と、それも覚悟し2日目のラウンドに臨む。

これまではメジャータイトルに対して、執念を燃やすこともなかったが、今大会の開幕前には「それを意識して頑張ろうかなって、今思いました」と“心変わり”も口にしていた。しかし、いざ大会が始まると「このあいだしっかり頑張ろうと言ったけど忘れていました。明日からは、しっかりやっていきたいですね」。こんな“天然発言”も飛び出したが、そのまま自分のペースで一歩一歩進んでいくのも悪くない。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・長~いオフに迷走…「アイアンは7セット替えました」 菊地絵理香がショット復調に「確信」
・同級生の復活Vも刺激に “大器”と呼ばれた27歳が7年ぶり大舞台で躍進なるか?
・混戦の今季女子ゴルフ 国内メジャー初戦の「日本女子プロ選手権」の優勝者は!?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ