NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

国内女子

「前半は0点」で一時4オーバーも… 安田祐香が後半「33」の巻き返し

安田祐香は後半から巻き返し! NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2020)(初日) 写真・米山聡明
安田祐香は後半から巻き返し! NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2020)(初日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 笹生 優花 -7 -7
2T 前田 陽子 -5 -5
2T 工藤 遥加 -5 -5
2T 青木 瀬令奈 -5 -5
5T 川岸 史果 -4 -4
5T 淺井 咲希 -4 -4
5T サイ ペイイン -4 -4
5T 金澤 志奈 -4 -4
5T 竹内 美雪 -4 -4
5T 西郷 真央 -4 -4
<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6710ヤード・パー72>

初のホステスとして大会を迎えた、ルーキーの安田祐香。2戦連続優勝がかかる渡邉彩香と、黄金世代の原英莉花という注目組でティオフしたが、前半は苦しい展開が続いた。

「調子がよくはなかったので、少し不安もあったのが原因だと思います」と、ショットで苦戦。なかなかパーオンできず、3つパーを並べた後の4番から連続ボギーを喫した。さらに7番パー4で3オン3パットのダブルボギーを叩き、この時点で4オーバー。アマチュア時代からプロトーナメントで数々の実績を残してきた安田らしからぬプレーで、スコアボードの下位まで落ち込んだ。

しかし、ここで焦ること無くチャンスをつかむのがさすがの実力派ルーキーだ。8番パー3(175ヤード)のティショットを2mにつけ初のバーディを奪うと火がついた。11番パー4で1m、12番パー3で5m、15番パー4で1mと次々チャンスにつけてバーディ奪取。「後半は全部(パーオンで)乗った」と、後半3バーディ・ノーボギーの「33」と巻き返した。序盤苦しんだが、イーブンパーまで戻してホールアウトした。

ラウンドが終われば、ショットの感覚を取り戻すためすぐさま練習へ。「まずはパーオン率をよくしないと。パターもショートすることが多かったので、できるだけオーバー目に打っていこうと思います。今日もバーディが4つ獲れたので、ボギーを減らしたい」と冷静な分析で態勢を整える。

“ホステスプロ”の大役と、渡邉と原の飛ばし屋2人とのラウンドにも、気持ちが左右されることはない。自身のプレースタイルが発揮できたかと聞かれれば、迷わず「はい」と答えた。「注目して頂いているので、いつも以上に頑張りたい」と気合いを入れ直した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・コロナ禍によって生じた“狂い” 成田美寿々が自己ワーストの大叩き
・大型ルーキー・笹生優花が開幕から2戦連続の首位発進! 「これが仕事」初戦で芽生えたプロの自覚
・青木瀬令奈が地元に最も近い大会で好発進 「飛距離伸びた」新兵器も大いに味方に
・軽井沢でも優勝争いなるか? 西郷真央は「下手だと思っていた」パット開眼で好発進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ