LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

国内女子

逆転女王に向け歩み進める3位キープも 渋野日向子は冷静「攻めすぎないよう…“大人のゴルフ”ができたら」

逆転女王へ上位をキープ 渋野日向子は焦らず歩みを進める LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2019)(2日目) 写真・岩本芳弘
逆転女王へ上位をキープ 渋野日向子は焦らず歩みを進める LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2019)(2日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 テレサ・ルー -2 -7
2 ペ・ソンウ -4 -5
3T イ・ボミ -3 -4
3T 渋野 日向子 -2 -4
5 古江 彩佳 E -3
6T ペ・ヒギョン -3 -2
6T 三ヶ島 かな -2 -2
8T 上田 桃子 -2 -1
8T 河本 結 -2 -1
8T 吉本 ひかる -2 -1
<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇29日◇宮崎CC(宮崎県)◇6535ヤード・パー72)>

3打差の3位タイからスタートした渋野日向子が、この日も3バーディ・1ボギーと2つスコアを伸ばした。トータル4アンダーで、順位は前日までと変わらなかったが、逆転女王に向け上位をキープしたまま週末へと向かう。

1番で5mのパーパットを沈めピンチをしのいだ渋野。しかし4番でラフからのセカンドショットがシャンクするミスが出るなどボギーが先に来る展開となった。それでも6番でバーディを奪うと、ここから流れを作り出す。後半も2オンに成功した13番パー5で10mからきっちり2パット。さらに14番で左奥6mのバーディパットをねじ込み、この日のスコアにつなげた。

「今日の出来は80点くらいです。この2日間頑張って4アンダー。残り2日も頑張って伸ばして上位につけたい」と意気込みを話すが、ここで一呼吸置く。「攻めのゴルフをしすぎないように、“大人のゴルフ”ができたらと思います」。肩の力を一度抜いて、ムービングデーに向かっていく。

最終戦で現在賞金ランク1位の鈴木愛、同2位の申ジエ(韓国)を抜いて女王戴冠するための最低条件は『単独2位以上』。そのうえで他2人の順位次第となるが、2日目終了時点で鈴木、ジエはともに17位タイと、自らが頑張れば女王に届く、という並びになっている。「まだ望みがあるとは思いますが、自然体で行きたい」。決して気負わず、ベストを尽くしたうえで後は結果を待つ姿勢を貫いていく。

■渋野日向子・女王戴冠の条件
・優勝で、鈴木愛が3位以下、申ジエが2位以下
・2位で、鈴木愛が10位以下、申ジエが3位以下

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・2度目は2サムで戦闘モード イ・ボミは渋野日向子と同組に「自分も試合にきている、いいプレーをしたい」
・2年前のデジャヴ!? 鈴木愛は不満しかない1日に「ここまで悪いとプラス思考になれない」
・潮目が変わった12番 渋野日向子が納得した1ショット

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ