LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

国内女子

テレサ・ルーが「70」で首位をキープ 賞金女王争いは渋野3位T、鈴木と申ジエが17位Tで3日目へ

テレサ・ルーが大会3勝目に向け好ラウンドを続けている LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2019)(2日目) 写真・岩本芳弘
テレサ・ルーが大会3勝目に向け好ラウンドを続けている LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2019)(2日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 テレサ・ルー -2 -7
2 ペ・ソンウ -4 -5
3T イ・ボミ -3 -4
3T 渋野 日向子 -2 -4
5 古江 彩佳 E -3
6T ペ・ヒギョン -3 -2
6T 三ヶ島 かな -2 -2
8T 上田 桃子 -2 -1
8T 河本 結 -2 -1
8T 吉本 ひかる -2 -1
<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇29日◇宮崎CC(宮崎県)◇6535ヤード・パー72)>

今季の国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は2日目の競技が終了。この日3バーディ・1ボギーの「70」をマークしたテレサ・ルー(台湾)が、トータルスコアを7アンダーまで伸ばし、単独トップの座をキープした。大会3勝目に向け、好ラウンドを続けている。

2打差の2位には、この日4つスコアを伸ばしたペ・ソンウ(韓国)が浮上した。逆転女王のかかる渋野日向子は、3バーディ・1ボギーの「70」でホールアウト。前日から2つスコアを伸ばしトータル4アンダーで3位を維持している。また同順位には、上り3ホール連続バーディを奪ったイ・ボミ(韓国)も並んでいる。

前日2位スタートの古江彩佳は14番からの3連続ボギーもたたり、トータル3アンダー・5位タイへと後退。2アンダー・6位タイに三ヶ島かなとペ・ヒギョン(韓国)がつけている。賞金ランク1位の鈴木愛と、同2位の申ジエ(韓国)はともにトータル1オーバー・17位タイで2日目を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・2度目は2サムで戦闘モード イ・ボミは渋野日向子と同組に「自分も試合にきている、いいプレーをしたい」
・2年前のデジャヴ!? 鈴木愛は不満しかない1日に「ここまで悪いとプラス思考になれない」
・潮目が変わった12番 渋野日向子が納得した1ショット

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ