大王製紙エリエールレディスオープン

国内女子

森田遥が首位浮上 小林浩美以来となる史上3人目のシード争い最終戦V→逆転シードなるか

2年ぶりV王手の森田遥 史上3度目の逆転劇は果たして 大王製紙エリエールレディスオープン(2019)(3日目) 写真・鈴木祥
2年ぶりV王手の森田遥 史上3度目の逆転劇は果たして 大王製紙エリエールレディスオープン(2019)(3日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 森田 遥 -5 -15
2T 勝 みなみ -7 -14
2T 申 ジエ -6 -14
2T イ・ミニョン -5 -14
2T 高橋 彩華 -4 -14
2T ペ・ソンウ -3 -14
7T 渋野 日向子 -6 -13
7T 鈴木 愛 -5 -13
9T 岡山 絵里 -4 -12
9T 古江 彩佳 -4 -12
<大王製紙エリエールレディスオープン 3日目◇23日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>

賞金ランキング61位。50位以内に付与される賞金シードに崖っぷちの森田遥が「大王製紙エリエールレディス」3日目を終えてトータル15アンダーの単独首位に浮上。1990年の村井真由美、2002年の小林浩美以来、史上3人目となるシード争い最終戦優勝での逆転シード獲得へ王手をかけた。

前半でポンポンと3つのバーディを奪った森田は、折り返し直後の10番でもバーディ。さらに11番パー5では、残り100ヤードの3打目を50度のウェッジでショットインイーグルを奪取。その後、「ちょっとバタバタした(笑)」と2バーディを奪ったものの3ボギーを叩く出入りの激しいゴルフとなったが、ポールポジションの座をがっちりと掴んだ。

逆転シードをグッと引き寄せたが、開幕前と気持ちは変わらない。「上位が団子状態なので誰が勝ってもおかしくない。そこは考えずにコースと戦えたらいい」と目の前の一打に集中している。それが良い方向にいっていることも理解している。「きのうまでの2日間も上位にいましたし、今日もいいゴルフができた。あしたも同じようにできたらいい。きょう最終組に入って、あすの練習ではないですがいい感じにできました」と予行演習も完璧だ。

森田が逆転でシードに入るためには、賞金ランキング51位で18位タイにつける金澤志奈ら予選突破した選手が影響する可能性があるが、単独3位以上であればほぼ確定。もちろん優勝なら文句なしだ。「あしたは天気がどうなるか分からないですが、できるだけ早くチャンスを作って流れに乗っていきたい」。出だしからアクセル全開で、最高のシナリオを描いてみせる。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「40歳まではプレーしていない」 一ノ瀬優希とのラウンドを終えて渋野日向子が語った“かなり先の話”
・女王争う3人が優勝圏内 鈴木愛は「アイアンがまともになれば負けない」
・イーグルあり、OBあり、池ポチャあり… ド派手な“みなみ劇場”で連覇に大きく前進!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ