大王製紙エリエールレディスオープン

国内女子

ペ・ソンウが単独首位 渋野日向子は4差9位で決勝Rへ

単独首位で決勝ラウンドに向かうペ・ソンウ 大王製紙エリエールレディスオープン(2019)(2日目) 写真・鈴木祥
単独首位で決勝ラウンドに向かうペ・ソンウ 大王製紙エリエールレディスオープン(2019)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ペ・ソンウ -6 -11
2T 森田 遥 -3 -10
2T 高橋 彩華 -5 -10
4 イ・ミニョン -7 -9
5T 古江 彩佳 -4 -8
5T 鈴木 愛 -7 -8
5T 申 ジエ -3 -8
5T 岡山 絵里 -6 -8
9T テレサ・ルー -5 -7
9T 福田 真未 -5 -7
<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇22日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の2日目が終了。6バーディ・ノーボギーの「66」をマークしたペ・ソンウ(韓国)がトータル11アンダー・単独首位に浮上した。

首位と1打差の2位タイに高橋彩華と森田遥。2打差4位にイ・ミニョン(韓国)が続いている。

渋野日向子は「70」をマークし、トータル7アンダー・9位タイで決勝ラウンドへ。4週連続優勝を狙う賞金ランキング1位の鈴木愛は、トータル8アンダー・5位タイと上位で予選を通過した。

今大会は賞金シード争いの最終戦。予選落ちに終わった選手の中では、香妻琴乃、木戸愛、藤本麻子、ささきしょうこ、木村彩子らのシード陥落が決まった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・原英莉花も思わず「すごかった!」鈴木愛が“お風呂効果”でショットが「ビシビシバシバシ」
・「戦友」たちの言葉で万感の涙 “ツアー休止”の佐伯三貴「4日間やりたかったけど、これも私らしい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ