大王製紙エリエールレディスオープン

国内女子

森田遥が「65」で首位発進 渋野日向子は2差2位T、鈴木愛は36位T

シード落ち危機の森田遥が単独首位発進 大王製紙エリエールレディスオープン(2019)(初日) 写真・鈴木祥
シード落ち危機の森田遥が単独首位発進 大王製紙エリエールレディスオープン(2019)(初日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 森田 遥 -7 -7
2T 渋野 日向子 -5 -5
2T 申 ジエ -5 -5
2T 高橋 彩華 -5 -5
2T ペ・ソンウ -5 -5
6T 河本 結 -4 -4
6T 古江 彩佳 -4 -4
6T 勝 みなみ -4 -4
6T 権藤 可恋 -4 -4
6T 比嘉 真美子 -4 -4
<大王製紙エリエールレディスオープン 初日◇21日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>

佳境を迎えている国内女子ツアーは、初日の競技が終了し、ここまで賞金ランキング61位と苦戦してきた森田遥が7バーディを奪い「65」をマーク。単独首位に立った。

2打差の5アンダー・2位タイにこの日7バーディ(1ダブルボギー)の渋野日向子、申ジエ、ペ・ソンウ(ともに韓国)、高橋彩華の4人。4アンダー・6位タイに地元愛媛出身の河本結や古江彩佳、前年覇者の勝みなみら9人が続く。

3アンダーの15位タイに復活優勝を目指すイ・ボミ(韓国)、成田美寿々、今季限りでツアーの第一線から撤退を表明した一ノ瀬優希らがつける。

賞金ランキング1位の鈴木愛は1アンダーで、一ノ瀬同様、今季限りでツアー撤退を明かした佐伯三貴らとともに36位タイで2日目に入る。

シード権争い最終戦としても注目を集める本大会。賞金ランキング51位の金澤志奈は1アンダー・36位タイ。藤本麻子、香妻琴乃、木戸愛らは下位に沈み、シード権維持が厳しい状況となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・バチバチの“シード争奪戦”、その行方は? 賞金ランク61位の森田遥は単独首位発進「失うものは何もない」
・渋野日向子が取り戻した強気のパット「いいプレーを見せたい」気持ちでリミッター解除

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ