富士通レディース

国内女子

8連続バーディでハーフ「29」 地元の成田美寿々に宿った“千葉のチカラ”

成田美寿々が頑張るワケ 頑張れ千葉! 富士通レディース(2019)(2日目) 写真・佐々木啓
成田美寿々が頑張るワケ 頑張れ千葉! 富士通レディース(2019)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 三ヶ島 かな -6 -13
2 @古江 彩佳 -7 -12
3T 高橋 彩華 -6 -11
3T 稲見 萌寧 -2 -11
5T 辻 梨恵 -6 -8
5T 菊地 絵理香 -4 -8
5T @西村 優菜 -4 -8
5T 蛭田 みな美 -4 -8
5T 臼井 麗香 -3 -8
5T ペ・ヒギョン -3 -8
<富士通レディース 2日目◇19日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675ヤード・パー72>

台風の影響で甚大な被害が出ている千葉県。今大会の開催地も千葉県。そして、2日目の前半、大爆発を見せたのは、千葉県市原市出身の成田美寿々だ。

出だしの1番で3メートルのバーディパットを沈めると、そこから怒濤のバーディラッシュ。8番まで8連続バーディ。諸見里しのぶが持つツアー記録に並び、9番へ。ところがここでもバーディを獲りに行ったがボギー。それでも前半を「29」とし、後半はスコアを落とすもこの日「67」でトータル7アンダー。11位タイまで順位を上げ、最終日を迎える。

成田には、今週頑張る理由がある。「予選落ちしたらめちゃくちゃかっこ悪い」というのも、今回の賞金を全額寄付すると大会前に公言したからだ。ファンからは『千葉を盛り上げて、公言してくれてありがとう』と、応援メッセージも届いている。それだけに、少しでも獲得賞金の額を増やしたい一心だ。

今週は自身が考案した千葉県応援のための缶バッジを着用。選手や関係者も身につけ、会場が千葉のために動いている。そんななかで「29」という驚異のスコア。「千葉の皆さんに力を与えたいと思ってバッジをつけていますが、逆に力をもらったのかなと思います」と、見えない力に後押しされた。

今大会は2012年にツアー初優勝を飾り、昨年も優勝カップを掲げている。これまで逆転勝利が多く、「逆転の成田」の異名をとる。今回は首位と6打差。地元パワーを結集し、最高の盛り上がり演出、そして多額の寄付をして千葉に勇気を与えてみせる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ