ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント

国内女子

黄金世代10人目の優勝者に…「なりたい!」 臼井麗香が妹キャディも支えに1打差2位の好発進

姉妹タッグが実現!やっぱり似てる? ゴルフ5レディス(2019)(初日) 写真・米山聡明
姉妹タッグが実現!やっぱり似てる? ゴルフ5レディス(2019)(初日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 淺井 咲希 -9 -9
2T 臼井 麗香 -8 -8
2T イ・ミニョン -8 -8
2T 申 ジエ -8 -8
5 黄 アルム -6 -6
6T 武尾 咲希 -5 -5
6T 小野 祐夢 -5 -5
6T 岡山 絵里 -5 -5
6T 永峰 咲希 -5 -5
6T 新垣 比菜 -5 -5
<ゴルフ5レディス 初日◇6日◇GOLF5カントリーサニーフィールド(茨城県)◇6380ヤード・パー72>

黄金世代の臼井麗香が、「(世代)10人目の優勝者になりたいです」と好発進を切ったラウンド後、胸の内を明かした。初日を6バーディ・1イーグル・ノーボギーの8アンダー・2位タイでホールアウト。今季、女子ツアーに旋風を巻き起こす同級生たちに並ぶため、残り2日間も全身全霊で戦う。

猛烈なスタートダッシュを決めた臼井だが、実は不安要素を残したまま開幕を迎えていた。2日前の夜から原因不明の吐き気に襲われ、「出るものがなくなるくらい」の嘔吐を繰り返した。翌日はプロアマ出場者に名を連ねていたため会場に足を運んだものの、体調が戻らずに欠場。すぐに病院に駆け込むと、『疲労性のストレスによる嘔吐』 という診断がくだされた。ツアー本格参戦1年目のルーキーだけに、不慣れな毎日が少しずつ体力を奪っていた。「診断結果次第では出場するか迷った」。それでも、薬を服用して何とか出られるまでに回復した。

今週は月、火曜日に「日本女子オープン」の最終予選に参加。そこから茨城入りすると、体力温存のため水曜日を休養にあてた。そのうえでプロアマに出られなかったため、事前のラウンドが行えない“ぶっつけ本番”という状態だった。「今まで(ぶっつけ本番は)なかったです。初めて」というなかコースに飛び出したが、25パットと好調だったグリーン上のプレーにもけん引され、みるみるスコアを伸ばしていった。

本来なら落ち着きを失ってもおかしくない状況。それを脇で支えたのが、今大会で臼井のキャディを務める高校2年生の妹・蘭世(らんぜ)さんだった。来年プロテストを控える妹を、「勉強にもなると思って」と今回キャディに指名。「妹もこのコースを回ったことはなくて、次のホールも分からず『どっちだろう?』と言いながらプレーしていました」と“珍道中”になった場面もあったようだが、姉妹一緒に18ホールを戦った。

蘭世さんは、ラウンド中の様子について「姉がどんどん決めるので、プレーの手助けはしてませんが、深いラフに入ったりした時には、2人が好きなYouTuber(ユーチューバー)の話をしたりして盛り上がりました」と話す。リラックスムードのなかプレーに集中していたことが、この話からもうかがえた。妹にとっても「レギュラーの選手はショットの精度がすごいな」など、来年の受験予定のプロテスト突破に向け大いに刺激になった様子。8番でイーグルを奪った時には、「妹の方が喜んでいました」と“ムードメーカー”としても活躍した。

2週前の「CAT Ladies」で淺井咲希がツアー初優勝を挙げたことで、同級生のツアー優勝者は9人となった。それだけに「私も勝ちたいです。たくさん同級生が勝って、『私“も”』になってしまいますが」という気持ちは強い。特に4位タイに終わった「センチュリー21レディス」を振り返り、「すごく悔しかった」。それが優勝への思いをさらにかき立てるきっかけとなった。

「伸ばし合いのなか、自分が伸ばせなかったらどうしよう、とは思いますが、毎ショット後悔しないように打つことが、スコアにつながってくると思う」。この日も単独首位には淺井、5アンダー・6位タイには新垣比菜、吉川桃と上位に黄金世代が顔を出す展開になっている。「1勝したいというのもあるし、シード選手にもなりたい」。そんな自身の目標を達成するため、ライバル達も含めた争いを最後に制したい。

(文・間宮輝憲)


記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ