NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

国内女子

“おっとり”3位発進のアマチュア 大田紗羅ってどんな選手?

大田紗羅(右)がプロ顔負けのプレーで好発進 ラウンド中も楽しそう NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2019)(初日) 写真・村上航
大田紗羅(右)がプロ顔負けのプレーで好発進 ラウンド中も楽しそう NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2019)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 濱田 茉優 -8 -8
2 アン・ソンジュ -7 -7
3T @大田 紗羅 -6 -6
3T 淺井 咲希 -6 -6
3T 木村 彩子 -6 -6
3T 大西 葵 -6 -6
7T 大城 さつき -5 -5
7T 穴井 詩 -5 -5
7T イ・ミニョン -5 -5
7T 笠 りつ子 -5 -5
<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇16日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,705ヤード・パー72>

8アンダーで単独トップに立った濱田茉優、その濱田と1打差の2位につけたアン・ソンジュ(韓国)に続き、6アンダー・3位タイ発進を決めたのがアマチュアの大田紗羅。本大会に出場する安田祐香らと同じく、2000年生まれのいわゆる“プラチナ世代”だ。

福島県いわき市出身。プロトーナメントにも何度か出場しており、今年の「ヨネックスレディス」では7位タイの成績をおさめている。169cmの長身を生かし、得意クラブは飛距離250ヤードのドライバー。初日のフェアウェイキープ率は14ホール中13ホールで2位につけるなど、堂々としたプレーでプロを圧倒した。「プロテストのコースとは全然感じが違うと思いますが、どんなコースでも自分なりに攻略できるようにマネジメントしています」。この日は5577人という大ギャラリーがつめかけたが、観客が多い方が楽しめるという芯の強さも持ち合わせている。

ホールアウト後に話してみると、いたって物腰は柔らか。今後はプロテストが控えているが、「狭き門なので、“宝くじ”が当たったら良いなと思っています(笑)」と、おっとりと笑う。しかし、実は苦労人。2011年の東日本大震災で被災、父の茂さんが自営業を営む事務所は流され、自宅も浸水した。「それでもゴルフを続けたいと言ってくれたのが励みだった」(茂さん)。この日キャディを務めたのは、妹の麗香さん。1歳上の姉と同じくゴルフの道に進み、今はティーチングプロを目指している。ラウンド中は2人で楽しそうに話す姿が印象的だった。

紗羅という名前は、世界で通用するようにとつけられた。「プラチナ世代と言ってもらっていますが、黄金世代がすごすぎて」と苦笑いをもらしたが、いずれ世界に羽ばたくことを目指してキャリアを積んでいく。

(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・大歓声のなか渋野日向子が「67」好発進 環境激変にも…「自分らしくありたい」
・当日券は2倍、動員は前年比178%の大にぎわい 渋野日向子フィーバーは衰え知らず

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ