ニッポンハムレディスクラシック

国内女子

S.ランクンが涙のツアー初優勝 河本結は3差2位

逆転でツアー初優勝を飾ったS.ランクン ニッポンハムレディスクラシック(2019)(最終日) 写真・佐々木啓
逆転でツアー初優勝を飾ったS.ランクン ニッポンハムレディスクラシック(2019)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 S.ランクン -5 -15
2T 河本 結 -1 -12
2T 稲見 萌寧 -2 -12
4T 笠 りつ子 -5 -11
4T ジョン ジェウン -1 -11
4T 岡山 絵里 E -11
7 渋野 日向子 -5 -10
8T 三ヶ島 かな -6 -9
8T 永峰 咲希 -3 -9
8T イ・ボミ E -9
<ニッポンハムレディスクラシック 最終日◇14日◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇6602ヤード・パー72>

国内女子ツアー「ニッポンハムレディス」の最終日が終了し、今季から日本ツアーに参戦している19歳、S.ランクン(タイ)が「67」をマーク。トータル15アンダーで1打差を逆転し、ツアー初優勝を飾った。

前半で3つ伸ばし、首位タイで折り返したランクンは、後半でも2バーディ・ノーボギーと抜群の安定感を披露した。後続がバックナインで伸ばしあぐねたこともあり、終わってみれば2位以下と3打差の快勝。最終ホールを終えた後は手を合わせてお辞儀をし、両手を上げて涙を流した。

3打差2位タイには河本結、稲見萌寧。4打差4位タイに笠りつ子、岡山絵里、ジョン・ジェウン(韓国)が入った。

イ・ボミ(韓国)は3バーディ・3ボギーの「72」でトータル9アンダー・8位タイでフィニッシュ。史上9人目の生涯獲得賞金8億円を突破した。セクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)は「69」をマークするも、トータル7アンダー・13位タイに終わり、日本参戦後初のトップ10入りはならなかった。

【最終結果】
優勝:S.ランクン(-15)
2位T:河本結(-12)
2位T:稲見萌寧(-12)
4位T:笠りつ子(-11)
4位T:岡山絵里(-11)
4位T:ジョン・ジェウン(-11)
7位:渋野日向子(-10)
8位T:イ・ボミ(-9)
8位T:三ヶ島かな(-9)
8位T:永峰咲希(-9)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・河本結は敗戦に涙 「できることならやり直したい」痛恨の一打
・「心は苦しくても体は元気」 イ・ボミは2週連続トップ10で復活間近

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ