ニッポンハムレディスクラシック

国内女子

イ・ボミはコ・ジンヨンと同じコーチ 「出会ったばかりで悪い感覚消えた」

イ・ボミ好調の裏に…世界1位のコーチあり ニッポンハムレディスクラシック(2019)(2日目) 写真・上山敬太
イ・ボミ好調の裏に…世界1位のコーチあり ニッポンハムレディスクラシック(2019)(2日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 S.ランクン -7 -10
2 河本 結 -3 -9
3 テレサ・ルー -4 -8
4T イ・ボミ -2 -7
4T 稲見 萌寧 -5 -7
4T 岡山 絵里 -3 -7
7T 笠 りつ子 -2 -6
7T ジョン ジェウン -4 -6
9T 金田 久美子 -3 -5
9T 渋野 日向子 -3 -5
<ニッポンハムレディスクラシック 2日目◇12日◇桂ゴルフ倶楽部(6,602ヤード・パー72)>

初日の「67」に続き、この日も「70」をマーク。トータル7アンダーの4位タイで予選ラウンドを終えたイ・ボミ(韓国)。実は「1カ月くらい前からです」と、新コーチに師事していることを明かした。

スタートホールから6mを沈めてバーディ発進。続く2番はボギーとしたが、そこからはボミ劇場。3連続バーディを奪い、一時は単独トップに躍り出た。「久しぶりにボードのいちばん上にいるのはうれしかったです」と笑顔が戻ってきた。

ショットの悩みを抱えたままシーズンイン。結果も出ず悩みは深まった。それが、先週、9位タイに入ると、今週もここまで堂々の上位争い。その裏には、世界1位にまで上り詰め、今季絶好調のコ・ジンヨン(韓国)を教えるイ・シウコーチのアドバイスがあるという。

「周りの人から見たらあまり変わらないように見えていて、『感覚の問題だよ』と言われることが多かった。でも、私はその感覚でミスしているので、その感覚を消したかったのに…」と、ひとりで悩んでいたところでの出会い。「私にも簡単に説明してくれるので分かりやすいんです」と、この2週の大改善に大きく貢献している。

具体的には明かさないが、テークバックの段階から不安がつきまとっていたのが、今では自然にクラブを上げることができている。「私はクラブの重さを感じながらバックスイングしたいんです。悪いときはシャフトのテンションが分からなかった。それが先週から分かった。力を入れなくても振れるようになって、クラブが走っている」と、小気味いいショットが戻った。

この日のハイライトは4番パー4。ティショットをフェアウェイに運ぶと、セカンドは175ヤードを残した。これを6番アイアンで1mにつけるイージーバーディ。「難しいホールだと思っていたけど、ピタッとつけることができたので、自信になりました」と、初日最難関ホールのバーディで一気に好感覚を取り戻した。

「ショットにイライラする気持ちがなく、集中できているからパッティングにも流れが行って、いい感じになっている」と好調を分析する。あす以降については数字の目標を掲げることなく「体にいいスイングを覚え込ませることができたら」と謙虚な姿勢は崩さない。それでも、これだけ好スコアが続いていれば、やっぱり優勝争いに期待してしまう。

(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・本名はサランポーン・ランクンガセットリン タイから来た“微笑みランクン”が初の単独首位

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ