資生堂 アネッサ レディスオープン

国内女子

20歳・渋野日向子が初代女王に 黄金世代3人目のシーズン複数回優勝

自身初のプレーオフで勝利 渋野日向子が今季2勝目を挙げた 資生堂 アネッサ レディスオープン(2019)(最終日) 写真・佐々木啓
自身初のプレーオフで勝利 渋野日向子が今季2勝目を挙げた 資生堂 アネッサ レディスオープン(2019)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渋野 日向子 -1 -12
2 イ・ミニョン +1 -12
3 岡山 絵里 +2 -8
4 全 美貞 +2 -7
5T 小祝 さくら -2 -6
5T ペ・ヒギョン +2 -6
5T 河本 結 +2 -6
5T イ・ボミ +2 -6
9T 稲見 萌寧 +4 -5
9T 永井 花奈 +5 -5
<資生堂 アネッサ レディスオープン 最終日◇7日◇戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)◇6513ヤード・パー72>

国内女子ツアーの新規トーナメント「資生堂 アネッサ レディス」の最終日。トータル12アンダー・首位タイでホールアウトした渋野日向子、イ・ミニョン(韓国)がプレーオフを行い、1ホール目をパーとした渋野に軍配が上がった。

プレーオフは18番パー4の繰り返し。渋野がグリーン左のラフ、ミニョンがグリーン右のバンカーと、ともに2打目でグリーンオンならず。注目の3打目、渋野のアプローチは約70cmに寄せるベタピンショット。対するミニョンは寄らず入らずのダボで勝負あり。ウィニングパットをしっかりと沈めた渋野が右手を空高く突き上げた。

渋野は5月の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」以来の今季2勝目。黄金世代としては畑岡奈紗、勝みなみに次ぐ3人目のシーズン複数回優勝を果たした。ホールアウト後は「最後は気持ちの勝負になると思っていた。初優勝から2カ月で2勝目ができてよかった。雨風の中で、全英のいい練習になりました」と笑顔を見せた。

トータル8アンダー・3位に岡山絵里。トータル7アンダー・4位に全美貞(韓国)が入った。

イ・ボミ(韓国)はこの日「74」と苦しみながらも上位をキープし、トータル6アンダー・5位タイでフィニッシュ。ツアー21勝目を挙げた2017年「CAT Ladies」以来、約2年ぶりのトップ5入りとなった。

【最終結果】
優勝:渋野日向子(-12)※プレーオフ
2位:イ・ミニョン(-12)
3位:岡山絵里(-8)
4位:全美貞(-7)
5位T:イ・ボミ(-6)
5位T:河本結(-6)
5位T:小祝さくら(-6)
5位T:ペ・ヒギョン(-6)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・49歳が男泣き 門田実キャディが渋野日向子とつかんだ亡き妻に捧ぐV
・七夕に出会った幸せ イ・ボミは2年ぶりのトップ5に「本当に幸せな1週間」
・目指す高みはまだまだ先 小祝さくらは3試合連続トップ10も満足せず

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ