資生堂 アネッサ レディスオープン

国内女子

ペ・ヒギョンが単独首位で決勝へ 永井花奈、キム・ハヌルら2差2位

単独首位で決勝ラウンドにコマを進めたペ・ヒギョン 資生堂 アネッサ レディスオープン(2019)(2日目) 写真・佐々木啓
単独首位で決勝ラウンドにコマを進めたペ・ヒギョン 資生堂 アネッサ レディスオープン(2019)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ペ・ヒギョン -4 -10
2T イ・ミニョン -5 -8
2T キム・ハヌル -3 -8
2T 永井 花奈 -7 -8
5 稲見 萌寧 -2 -7
6T 河本 結 -5 -6
6T 菅沼 菜々 -5 -6
6T 林 菜乃子 -3 -6
6T 岡山 絵里 -5 -6
10T 全 美貞 -5 -5
<資生堂 アネッサ レディスオープン 2日目◇5日◇戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)◇6513ヤード・パー72>

国内女子ツアーの新規トーナメント「資生堂 アネッサ レディス」の2日目が終了。初日首位発進のペ・ヒギョン(韓国)がこの日も5バーディ・1ボギーの「68」と4つ伸ばしトータル10アンダー・単独首位をキープしている。

2打差2位タイに永井花奈、キム・ハヌル、イ・ミニョン(ともに韓国)。3打差5位に稲見萌寧、4打差6位タイに河本結ら4人が続いた。

資生堂の日焼け止めブランド『アネッサ』とスポンサー契約を結ぶホステスプロでは、上田桃子がトータル2アンダー・27位タイで決勝ラウンドに進出した。一方で、三浦桃香がトータル6オーバー・100位タイ、渡邉彩香はトータル8オーバー・108位タイで予選落ちを喫した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ゴッドハンドの施術で痛み軽減 河本結は寝違えも幸運を味方に上位進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ