ニチレイレディス

国内女子

“黄金世代旋風”に乗れ! 元日本女子アマチャンプ・高橋彩華が初優勝へ首位発進

“黄金世代”からまた一人 高橋彩華が初優勝へ首位発進 ニチレイレディス(2019)(初日) 写真・佐々木啓
“黄金世代”からまた一人 高橋彩華が初優勝へ首位発進 ニチレイレディス(2019)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 高橋 彩華 -5 -5
1T 藤本 麻子 -5 -5
3T 濱田 茉優 -4 -4
3T 福山 恵梨 -4 -4
3T エイミー・コガ -4 -4
6T 山戸 未夢 -3 -3
6T S.ランクン -3 -3
6T 下川めぐみ -3 -3
6T 青木 瀬令奈 -3 -3
6T 黄 アルム -3 -3
<ニチレイレディス 初日◇21日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉県)◇6548ヤード・パー72>

6バーディ・1ボギーの「67」をマークし、首位タイでホールアウトした高橋彩華。ところが、その表情は険しかった。

「8番パー4で風を読み間違えてボギーを叩いたんです。あと3mぐらいのバーディパットを3回外しました。それがなければもっと伸ばせたのに…」。勝負事にタラレバは禁物だが、裏を返せばそれだけ調子がいいのだろう。少し落ち着いてこの日のゴルフを振り返ると、ショットがよかったことにあらためて気がついた。「11番パー3と2番パー4ではピンそば50センチについてましたね。全体的にミドルアイアンが切れていたと思います」と高橋。その要因は、朝の練習場にあった。

「最後の10球ぐらいになって、ドライバーを打ち始めたんですが、3球打ったところでコレだと気がつきました。ゆったりとしたリズムで振るのではなく、インパクトでボールを強くヒットするイメージで打てばいいんだと。そのイメージでアイアンも打ったら強い弾道で勢いよく飛んでいったんです」。ドライバーショットのイメージをアイアンショットに応用するタイプは珍しいが、自らを“超感覚派”という高橋だけに、うまく調整できたのだろう。

好スタートを切った高橋だが、ここまでの道のりは決して平坦ではなかった。16年の「日本女子アマ」では畑岡奈紗に3打差をつけて優勝するなど、今季すでに5勝を挙げている“黄金世代”の先頭グループを走っていた。しかし、高校を卒業した年に受けたプロテストに失敗。昨年、2回目の受験となったプロテストで合格し、今年はQTランキング28位の資格で前半戦に出場するも、9試合を終えた時点で予選通過がわずかに1度あるだけだった。

一時は何をしたらいいのかさえ分からなかったというが、「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」から奥嶋誠章コーチに師事した途端、風向きが変わってきた。徐々にショットが安定し、先週の「宮里藍 サントリーレディス」では、ついに10位タイに入った。「今は自分が何をすべきか見えています」と話す高橋の表情には自信がにじむ。残り2日間は気負わずに、自分のペースで頂点へ登っていく。

(文・山西英希)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ