ヨネックスレディスゴルフトーナメント

国内女子

勝手知ったるコースなら私も! 19歳・石井理緒は地元のホステス大会で首位浮上

19歳が地元で躍動! 石井理緒が恩返しの初優勝を狙う ヨネックスレディスゴルフトーナメント(2019)(2日目) 写真・上山敬太
19歳が地元で躍動! 石井理緒が恩返しの初優勝を狙う ヨネックスレディスゴルフトーナメント(2019)(2日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 石井 理緒 -5 -7
1T キム・ヒョージュ -2 -7
3 上田 桃子 -4 -6
4T @大田 紗羅 -2 -5
4T イ・ミニョン -2 -5
6T ペ・ヒギョン -3 -4
6T 葭葉 ルミ -1 -4
6T 青木 瀬令奈 E -4
6T 三ヶ島 かな -3 -4
10T 山戸 未夢 -3 -3
<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2日目◇8日◇ヨネックスカントリークラブ(新潟県)◇6456ヤード・パー72>

決めれば単独首位となる最終18番での4mのバーディパットは、最後の一転がりでカップに収まった。「応援してくれた方々の声援が最後に押してくれた」と大ギャラリーを引き連れた地元・新潟県出身の19歳、石井理緒。海外メジャー覇者のキム・ヒョージュ(韓国)と並び、トータル7アンダーの首位タイで最終日を迎える。

「ここのコースなら自分にもチャンスがある」。ここまで、まさにその通りの展開となっている。出だしの1番で2mを沈めて早々にバーディを奪うなど前半だけで3バーディ。さらに後半でも2つ伸ばして「67」でリーダーボードの頂点でホールアウトした。後続のヒョージュに並ばれたが、堂々のポールポジションにつけた。

昨年のファイナルQTで17位に入り今季前半戦の出場権を掴んだが、ここまで13試合に出場して予選突破はわずかに3度。最上位は22位タイと結果を残せていなかった。それでも「何回ラウンドしたかは分からない」という地元コースでの戦いには自信があった。

「他の方よりも知っている分、有利だと思っています。この試合に出られると決まったときから楽しみにしていた。行ってはいけないところを分かっています。他のコースで首位発進をしたのであれば自分でも驚きますが、ここならなくはないと思っています。何度もここで行われる試合などに出ていますが、悔しい思い出はありません」

攻略のカギはショットだと続ける。「グリーンが大きい分、ロングパットはしたくない。距離感を合わせるのがすごく難しいので。だからなるべくショットでピンに近づけていきたい。でも狙いすぎたら近くても3パットするところに行く可能性もある。チャンスがくるまで耐え続けるのが大事」。パーオンしたからOK、ではなくグリーンが大きいからこそデッドにつけていく必要があるのがミソ。

初日に首位発進を決めた吉本ここねは同級生。一つ上に勝みなみらいわゆる“黄金世代”、一つ下には安田祐香ら“プラチナ世代”に挟まれた学年である。下が活躍する度に仲の良い菅沼菜々と「また(私たちの世代は)飛ばされたね(笑)」と言いあうが、同時に「自分たちも頑張ろう」と互いに鼓舞し合っている。

「いつも応援してくれるヨネックスさんの前で良いプレーがしたい」と話す孝行娘。地元・新潟を盛り上げるためにも、クラブ契約を結ぶヨネックスに恩返しするためにも、そして“谷間”の世代と言わせないためにも。大声援を味方に総仕上げにかかる。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・優勝翌週の原英莉花は薄氷の予選通過 痛恨トリもバーディ締めで滑り込み
・アメリカよりも日本! 海外メジャー覇者が優勝なら日本ツアー出場を明言

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ