パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント

国内女子

令和初! 父親の前で初! プレーオフでも初! 勝みなみが初ものづくしのV

こどもの日に大勝利 優勝を喜ぶ勝みなみと父の秀樹さん パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント(2019)(最終日) 写真・上山敬太
こどもの日に大勝利 優勝を喜ぶ勝みなみと父の秀樹さん パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント(2019)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 勝 みなみ -5 -12
2 全 美貞 -6 -12
3T 永井 花奈 -3 -11
3T 黄 アルム -3 -11
5T 新垣 比菜 -4 -10
5T 稲見 萌寧 -2 -10
5T イ・ミニョン -1 -10
8T 宮里 美香 -4 -9
8T 大城 さつき -1 -9
10T 申 ジエ -6 -8
<パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント 最終日◇5日◇浜野ゴルフクラブ(千葉県)◇6566ヤード・パー72>

アマチュアで初優勝を挙げた“持ってる”女子プロは、令和に入っていても持っていた。「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」最終日、勝みなみがツアー25勝の全美貞(韓国)とのプレーオフを制して、新元号となって初めての女子ツアーで優勝を飾った。

前半で4つ伸ばして1打差2位タイとなったが、雷雲接近によりまさかの中断に。中止という声も聞かれたが約2時間半後に再開となると、12番で4mを沈めてバーディ“再発進”。その後も着実にスコアを重ねると、18番パー5では2打でグリーン手前のラフまで運びアプローチを寄せて、『決めれば美貞と並びプレーオフ』というしびれる2mのバーディパットを沈めてエクストララウンドへ。

自身2度目のプレーオフ。前回の2018年「リゾートトラストレディス」では岡山絵里に敗れており、「あのときと似ているな」という嫌な予感もあったが、「一度経験しているからこそ楽しく臨めた」と緊張はなかった。その高ぶる気持ちがボールに乗り移ったかのように、プレーオフ1ホール目(18番パー5)、残り202ヤードの2打目で2オンに成功。7mのイーグルパットは外れたがしっかりと寄せて、美貞がバーディパットを外したのを見届けるとこれを沈めてバンザイ。「再開して本当に良かった!」と自身初のプレーオフ勝利で今季初優勝、ツアー3勝目を挙げた。

とにかく集中できていた。ギャラリーに配られるペアリングに書いた意気込みは『今、ここ、自分』。目の前のことに全力を尽くすという意味を込めた。元々は『楽しむ』と書く予定だったのだが、すでに他の人が書いていたことからこの言葉を選んだ。それがまさに言霊となって勝の体に乗り移った。

外せば優勝を逃す正規の18番のバーディパット、2オンを狙ったプレーオフの2打目。しびれる場面でも「この一打が特別というわけではなく、全てが同じように大切。余計なことを考えず、ただ、今のゴルフに集中する」と考えたことで、いつも通りのルーティン、いつも通りのプレーができた。

力みも焦りも動揺も一切無かった。むしろその状況が楽しくすらあった。「2オンを狙ったショットも池がかかる場面でしたが、この一打をどう打とうかという好奇心の方が勝っていた。そうやって楽しめたことが優勝につながった。“今、ここ、自分”ができていました」と平常心で賞金女王にも輝いた実力者を退けた。

『今、ここ、自分』という言葉は、昨オフから通っているメンタルコーチから言われた言葉だ。最初はメンタルがプレーにつながるとは考えず、「興味本位」で通い始めたがみるみる引き込まれた。「メンタル1つで内容が変わる。練習ラウンドから意識することで質が大きく変わる」と今ではしっかりと実戦している。その結果が優勝として表れた。

また、この日は父・秀樹さんの前で初めて優勝を見せることができた。父が観戦に来るのは今季3試合目だが、ここまで思ったほどいいプレーを見せられていなかった。いい位置につけての最終日。父の前で良い姿を見せようと力が入ってもおかしくない状況だが、ここでも『今、ここ、自分』が生きた。「父は(鹿児島県の)与論島に5年単身赴任していて、中々プレーを見てもらう機会がなかった。最終組でかっこいいところを見せられなかったのは残念ですが、勝つことができてよかった」と胸を張った。

これで新元号最初の女王として名を刻んだ。「あまり意識していませんでしたが、令和で良いスタートが切れたのはうれしいですね。優勝できて本当に光栄です」と新たな記録に笑みがこぼれる。

「今年の目標は笑顔で楽しく。来週からも楽しんでやりたいです」。次戦は令和初の公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」。大舞台でもきっと目の前の一打に集中し、最高の“みなみスマイル”を見せてくれるはずだ。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・永井花奈は優勝逃すもメンタル面で収穫 一時は中止望むも「このままだと後悔する」
・河本結がプロ初ホールインワンで100万円獲得! ダボを打った4UTで「絶対リベンジしたかった」
・劇的Vを予感させる猛追 申ジエはメジャー連覇に向けてベストスコアフィニッシュ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ