パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント

国内女子

3打差に20人の大混戦 鈴木愛、イ・ミニョンが首位で最終日へ

鈴木愛、首位タイで最終日に臨む パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント(2019)(2日目) 写真・上山敬太
鈴木愛、首位タイで最終日に臨む パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント(2019)(2日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T イ・ミニョン -7 -9
1T 鈴木 愛 -2 -9
3T 黄 アルム -4 -8
3T 大城 さつき -4 -8
3T 永井 花奈 -3 -8
3T 稲見 萌寧 -2 -8
7T 勝 みなみ -4 -7
7T 笠 りつ子 -3 -7
7T 福田 真未 -3 -7
10T 全 美貞 -5 -6
<パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント 2日目◇4日◇浜野ゴルフクラブ(千葉県)◇6566ヤード・パー72>

国内女子ツアー第9戦「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」の2日目が終了。この日2バーディ・ノーボギーの鈴木愛、「65」マークしたイ・ミニョン(韓国)がトータル9アンダー・首位に並んでいる。

1打差3位タイに永井花奈、稲見萌寧、大城さつき、黄アルム(韓国)。2打差7位タイに勝みなみ、笠りつ子、福田真未が続いた。3打差以内に20人がひしめく大混戦となっている。

昨年、同大会の前身「サイバーエージェントレディス」でツアー初優勝を挙げた新垣比菜はトータル6アンダー・10位タイ。3戦連続優勝がかかる申ジエ(韓国)はトータル2アンダー・41位タイで決勝ラウンドにコマを進めた。

今大会のカットラインは2アンダー。1988年のツアー制度施行後では今年の「アクサレディス」など9大会と並び、史上3番目に少ないスコアとなった。

【2日目の成績】
1位T:鈴木愛(-9)
1位T:イ・ミニョン(-9)
3位T:永井花奈(-8)
3位T:稲見萌寧(-8)
3位T:大城さつき(-8)
3位T:黄アルム(-8)
6位T:勝みなみ(-7)
6位T:笠りつ子(-7)
6位T:福田真未(-7)
10位T:新垣比菜(-6)他10人

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・新しい自分で新時代に優勝を 永井花奈、令和初Vへのカギは前半にあり

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ