フジサンケイレディスクラシック

国内女子

笠りつ子が2年ぶりの首位発進 原江里菜、三ヶ島かな、淺井咲希が1差2位

笠りつ子に元気が戻ってきた! フジサンケイレディスクラシック(2019)(初日) 写真・佐々木啓
笠りつ子に元気が戻ってきた! フジサンケイレディスクラシック(2019)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 笠 りつ子 -4 -4
2T 原 江里菜 -3 -3
2T 三ヶ島 かな -3 -3
2T 淺井 咲希 -3 -3
5T 吉田 弓美子 -2 -2
5T 大江 香織 -2 -2
5T 黄 アルム -2 -2
5T 吉本 ひかる -2 -2
5T 成田 美寿々 -2 -2
5T 新垣 比菜 -2 -2
<フジサンケイレディスクラシック 初日◇26日◇川奈ホテルゴルフコース富士コース(静岡県)◇6376ヤード・パー71>

荒天の中行われた「フジサンケイレディス」は初日の競技が終了。9番パー3(155ヤード)でホールインワンを達成した笠りつ子が4アンダーまで伸ばし、2017年「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」以来となる単独首位発進を決めた。

1打差の2位タイには原江里菜、三ヶ島かな、淺井咲希の3人。2アンダーの5位タイグループには先週惜敗の吉本ひかる、歴代覇者の吉田弓美子、大江香織ら9人がつけた。

その他、昨年覇者の永峰咲希、2戦連続優勝がかかる申ジエ(韓国)は1アンダー・14位タイ。大会2勝で2年ぶりの出場となっている大山志保はイーブンパーの26位タイで初日を終えている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・グリーン上の悩みと花粉症を克服! 好発進・三浦桃香のモチベーションは?
・フジサンケイレディス2日目は“超異例” 1番&11番からの2ウェイスタートに

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ