ヤマハレディースオープン葛城

国内女子

“次世代セクシー・クイーン”は予選落ち 「一番上のカテゴリーで戦える実力を…」

日本初戦は予選落ちとなったユ・ヒョンジュ ヤマハレディースオープン葛城(2019)(2日目) 写真・佐々木啓
日本初戦は予選落ちとなったユ・ヒョンジュ ヤマハレディースオープン葛城(2019)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 穴井 詩 -3 -2
1T 金澤 志奈 -1 -2
3T 林 菜乃子 -3 -1
3T ペ ソンウ -3 -1
3T 大山 志保 -4 -1
3T 鈴木 愛 -2 -1
3T アン・ソンジュ +1 -1
3T 黄 アルム +2 -1
9T 澤田 知佳 E E
9T 西木 裕紀子 E E
<ヤマハレディースオープン葛城 2日目◇5日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県)◇6,564ヤード・パー72>

注目のユ・ヒョンジュ(韓国)は、前日の35位から71位と順位を落とし、上位60位タイまでの予選通過ライン突破はならず。日本ツアー初戦は、2日間で姿を消すことになった。

ラウンド後、「初日のスコアを守ろうとし過ぎました」と、淡々と語ったヒョンジュ。その表情に、前日までの明るさはない。1、2番を連続ボギーとすると5番もボギー、さらに7番ではダボと前半から4つスコアを落とした。最終的には3バーディ・6ボギー・1ダブルボギーの「77」。「ミスをした後の切り替えができませんでした」と、この日の18ホールを悔やんだ。

日本での初戦がツアー屈指の難関・葛城だったことについては、「本当に難しかった。うまく対応することができませんでした」とため息。だが「それだけ難しいコースで最初にプレーしたので、日本の他の場所も回ってみたいと興味がわきました」と、ここ以外で自分の力がどれだけ通用するか、それを試したいという“好奇心”も湧いてきた。

だが、現時点で今後の日本での試合予定はなく、次戦は4月末に韓国での初戦を迎える。「また機会があれば、日本の試合に出たいです。韓国、日本を問わずに、一番上のカテゴリーのトーナメントで戦いたい。そのための実力をつける、それが今の目標です」。最高峰で戦える場所を模索し、ここから腕を磨いていく。次はレベルアップした姿を、日本のギャラリーに見せる。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「ただボールに当てていただけ」のスイングを変えた 林菜乃子の“芹澤流練習法”

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ