ヤマハレディースオープン葛城

国内女子

「なんて面白いんだろう」“新生”成田美寿々が4打差で逆転勝利

バーディ締めで魂のガッツポーズ! “逆転の成田”が真骨頂を見せた ヤマハレディースオープン葛城(2019)(最終日) 写真・米山聡明
バーディ締めで魂のガッツポーズ! “逆転の成田”が真骨頂を見せた ヤマハレディースオープン葛城(2019)(最終日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 成田 美寿々 -5 -5
2 アン・ソンジュ E -4
3T 新垣 比菜 -4 -1
3T ペ ソンウ -1 -1
5T 岡山 絵里 -2 E
5T イ・ミニョン -2 E
5T 黄 アルム E E
8T 勝 みなみ -1 +2
8T 大山 志保 +2 +2
10T 宮里 美香 -3 +3
<ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇7日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県)◇6,564ヤード・パー72>

開幕前は、「優勝」の2文字など考えてもいなかった。本大会への出場は今年で6度目。そのうち予選落ちは3度と苦手意識の高いコースで、成田美寿々がアン・ソンジュ(韓国)との4打差を巻き返して勝利をつかんだ。

開幕からここまでの4試合は不調が続いていたが、この日は「ショットの調子が本当に良かった」と絶好調。1番パー4からティショットをフェアウェイにおいて「よし!」とエンジンをかけると、1.5mにつけてバーディ発進を決めた。前半をイーブンでまとめたソンジュに対し、2ストローク縮めて後半へ。11番でバーディを奪って1打差に詰めると、本大会で最高難易度の12番パー4もバーディを獲ってトータル4アンダー・首位に並んだ。

その後は14番でボギーを叩いたソンジュが一歩後退したが、17番で約8mのバーディパットを沈めて食らいつく。トップに2人が並んだまま迎えた最終18番パー5(527ヤード)では、残り233ヤードをクリークで振り抜いて2オンに成功。10mのイーグルパットは決まらずも、ここまで課題としていた「2パットでおさめる」を何度も心に念じてバーディフィニッシュ。拳を突き上げて勝利を噛みしめた。

ホールアウト後は「ありえないことが起きている。なんて面白いんだろうと思った。葛城はそんなに競るイメージがないのに、こんなに面白い優勝争い」と語ったが、この勝利は決して“ありえない”ものではなかった。「飛距離アップと、球の高さを上げることをメインにやってきた」と、オフでは穴井詩らと合宿を行ってヘッドスピードを上げる特訓も行った。「初めてアイアンの飛距離が伸びた。5ヤードくらい。4日間を通して葛城が短く感じた」と着実に積んだ練習が実を結んだものだった。

本大会の優勝で、通算獲得賞金は5億円を突破。「優勝しないと(今大会では)突破しないと書いてあったので、今週はないと思っていた」と笑ったが、見事大台に乗って見せた。「東京五輪に出たいというのが一番にあったので、そこから逆算して年間5勝が目標。勝てたことはすごく自信になるし、また違った成田美寿々が生まれたと思う」と笑顔を見せた。来月は海外メジャー「全米女子オープン」に出場。一回りも二回りも大きくなった姿で、海外でも活躍を見せる。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・アン・ソンジュが惜敗に涙… 手術前につかみたかった勝利
・新垣比菜がベストルーキー賞 「68」で今季2度目のトップ5入り

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ