アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI

国内女子

“大志”を抱く20歳が涙のレギュラー初優勝 河本結「昨日の夜は目が覚めて眠れなかった」

優勝後にはその大きな瞳からこぼれる涙を拭った アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(2019)(最終日) 写真・佐々木啓
優勝後にはその大きな瞳からこぼれる涙を拭った アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(2019)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 河本 結 -2 -15
2T ユン・チェヨン -6 -10
2T S.ランクン -2 -10
4T ペ・ヒギョン -1 -9
4T 脇元 華 E -9
6T 吉本 ひかる -2 -8
6T 全 美貞 -1 -8
6T 臼井 麗香 +1 -8
9T 菊地 絵理香 -3 -7
9T イ・ミニョン -2 -7
<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 最終日◇31日◇UMKカントリークラブ(宮崎県)◇6525ヤード・パー72>

目標に近づくためどうしても欲しかった初優勝を、宮崎の地でつかんだ。単独トップで最終日を迎えた河本結は、「戦い方は自分の心が知っている。自分を信じて戦い抜きたい」と強い気持ちでコースに飛び出した。終わってみればトータル15アンダー。2位に5打差をつける圧勝に加え、コースレコードも更新する見事なゴルフで、高々と優勝カップを掲げた。

初優勝がかかるラウンドでも、浮き足だつことなく4バーディ・2ボギーの「70」をマーク。最後まで一度もトップを譲ることなく、ラスト18ホールを駆け抜けた。「昨日の夜は目がさめて眠れなかった」とプレッシャーを感じたが、それでもこの堂々とした試合運びができたのは、やはり昨季の経験が大きい。

プロテストに合格した昨年、下部ツアーのステップ・アップ・ツアーで年間最多勝利を更新する4勝を挙げた河本。わずか12試合の出場で“賞金女王”の座に就き、今季前半戦の出場資格を手に入れた。

「レギュラーツアーはギャラリーの数も違うので緊張すると思う。でも自分の目の前の一打に集中する。それがステップで4勝して一番感じたこと。忘れないようにしたい」

この気持ちを胸に、ルーキーらしからぬ優勝争いを演じきった。「プレッシャーがかかった場面もあったけど、それがプラスにはたらきました。最後バーディであがれたら、これからにつながると思った。まず今日は喜びます」。ラウンド後、18番グリーンで行われたセレモニーで挨拶のため檀上にのぼった際には、優勝の喜びや「感謝しかない」という両親への想いなどからこぼれ落ちた涙を手で拭う姿も見せた。しかし“5つ目”となる優勝カップを掲げた時には一転、その大きな瞳をキュッと細め、最高の笑顔で大会を締めくくった。

開幕前に掲げた今季の目標は、「最終戦(LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)に必ず出場して勝つ」と「賞金ランクトップ5」。この優勝で、リコーカップの出場権は手にした。「ゴルフ人生が終わった後に、社会に貢献できるような人になるため、勉強もしっかりとしていきたい」という思いから“女子大生プロ”という道を選んだ20歳が、この日、思い描く未来への第一歩を踏み出した。

【河本結・今季成績】
ダイキンオーキッドレディス:予選落ち
ヨコハマタイヤPRGRレディス:18位T
Tポイント×ENEOSゴルフ:37位T
アクサレディス:優勝
【河本結・2018年ステップ・アップ・ツアー成績】
ラシンク・ニンジニア/RKBレディース:7位T
Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament:8位T
パナソニックオープンレディース:予選落ち
ツインフィールズレディーストーナメント:25位T
日医工女子オープン:予選落ち
Skyレディース ABC杯:優勝
山陰合同銀行 Duoカードレディース:22位T
山陽新聞レディースカップ:優勝
中国新聞ちゅーピーレディースカップ:8位T
フンドーキンレディース:優勝
日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント:優勝
京都レディースオープン:13位T

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「骨が折れても担いでもらう」 優勝を引き寄せた河本結の“弟愛”
・悲願の地元Vならず… 脇元華が感じた優勝に必要なもの
・“友”であり“ライバル”から学んだ優勝への道筋 臼井麗香に残った悔しさ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ