ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ

国内女子

大会9年ぶりの54ホール決着は鈴木愛が優勝 2位に葭葉ルミ、ペ・ソンウは6位

鈴木愛がツアー10勝目を挙げた ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(2019)(最終日) 写真・鈴木祥
鈴木愛がツアー10勝目を挙げた ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(2019)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 鈴木 愛 -4 -9
2 葭葉 ルミ -1 -5
3T 岡山 絵里 -4 -4
3T 福田 真未 -4 -4
3T イ・ミニョン +1 -4
6T 勝 みなみ -2 -3
6T 申 ジエ -2 -3
6T 上田 桃子 +1 -3
6T 渋野 日向子 +1 -3
6T 大城 さつき +4 -3
<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇17日◇土佐カントリークラブ(高知県)◇6228ヤード・パー72>

国内女子ツアー今季第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」が行われ、最終日に5バーディ・1ボギーの「68」をマークし、トータル9アンダーまで伸ばした鈴木愛が今季初優勝を挙げた。

2打差の3位タイで最終日を迎えた鈴木は、昨季韓国ツアー賞金ランク2位のペ・ソンウらとし烈な優勝争いを繰り広げたが、ソンウが12番からボギー、ダブルボギー、ボギーを叩き後退。終盤も崩れず、安定したゴルフを続けた鈴木が、昨年6月の「ニチレイレディス」以来となるツアー通算10勝目をつかんだ。

徳島県出身の鈴木は、試合後「初めて四国の大会で勝てました。節目の10勝目を四国の試合で飾ることができて嬉しいです。初戦が予選落ちで少しゴルフをやるのが嫌になっていましたが、来週からまた頑張れそうです」と満面の笑みで話した。

4打差の単独2位に葭葉ルミが入った。トータル4アンダー・3位タイに岡山絵里、福田真未、イ・ミニョン(韓国)。ソンウはトータル3アンダー、上田桃子らと並ぶ6位タイで大会を終えた。

また今大会は、昨年7年連続でプレーオフが行われ、女子ツアー記録を樹立。今回、2010年以来となる正規54ホール決着となり(11年は東日本大震災の影響で大会自体が中止)、記録は「7年」で途切れた。

【最終成績】
優勝:鈴木愛(-9)
2位T:葭葉ルミ(-5)
3位T:イ・ミニョン(-4)
3位T:岡山絵里(-4)
3位T:福田真未(-4)
6位T:渋野日向子(-3)
6位T:大城さつき(-3)
6位T:ペ・ソンウ(-3)
6位T:勝みなみ(-3)
6位T:申ジエ(-3)
6位T:上田桃子(-3)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・失速に罰打、競技委員の不手際も… ペ・ソンウは後半崩れて優勝逃す
・新人・渋野日向子を変えた日 女王との夢のラウンドで得た収穫
・単独2位も悔しさ口に 葭葉ルミ「スコアを落としたくなくて消極的に…」【最終日コメント集】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ