ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

国内女子

比嘉真美子、地元Vの夢かない涙 次なる目標は東京五輪「夢で終わらせない」

涙のあとには笑顔あり 比嘉真美子が声援を背に地元V ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント(2019)(最終日) 写真・村上航
涙のあとには笑顔あり 比嘉真美子が声援を背に地元V ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント(2019)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 比嘉 真美子 +4 -5
2T 新垣 比菜 -4 -2
2T 穴井 詩 -3 -2
2T エイミー・コガ -1 -2
5T 福田 真未 E -1
5T 松田 鈴英 +1 -1
5T 申 ジエ +1 -1
8T 宮里 美香 -1 +1
8T テレサ・ルー +1 +1
8T 原 江里菜 +3 +1
<ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 最終日◇10日◇琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)◇6514ヤード・パー72>

気丈なうちなーんちゅが涙した。沖縄県にある琉球ゴルフ倶楽部で行われた国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」最終日、比嘉真美子はウィニングパットを決めると、勝利をかみしめながら目を潤ませた。

2位に7打差をつけてのスタート。周囲は余裕だと思っても、本人はいつも以上に緊張していた。「変な緊張感もなくスタートできたと思いましたが、この大会には思い入れが強いぶん、思った以上に緊張してしまっていた」。3番で5mを沈めてバーディを先行させたものの、7番で1.5mのパーパットを外すと8番パー3ではティショットを右の木に当てるなどダブルボギー。暗雲が一気に立ちこめる。

流れを断ち切ろうと試行錯誤を繰り返しても、一度傾いたものは中々戻らない。11番で1つ戻すも13番パー3ではバンカーにつかまるなど4オン1パットでこの日2つ目のダブルボギー。さらに、15番からの連続ボギーで一気に2打差まで詰め寄られてしまう。

だが、最後には執念が競り勝った。17番でピンまで98ヤードの2打目を2mにつけてバーディを奪取。18番パー5もきっちり3オン2パットでパーとして、2004年の宮里藍以来となる沖縄県勢の優勝を果たした。

この試合に勝つのが夢だった。「小学校5年生でゴルフを始めて、その年と翌年にこの大会でボランティアをしました。その時に女子プロのかっこいい姿を見てプロゴルファーになりたいと思った。そしてこの大会で勝ちたいと思いました」。今でも覚えているのは女王のたたずまい。「練習場でボールを渡す役目だったのですが、不動裕理さんがいらっしゃって。見ていて“こんなにすごい人がいるんだ”と子どもながらに思いました」。こういう風になりたい。決意した瞬間だった。

それからというものダイキンで勝つことが夢のひとつとなった。「それが現実となり、それで18番で涙を。まだ夢と現実の狭間でしたけど。プロになってまだ短いですが、いい年も悪い年もある。でも、頑張り続けたらいいことがあると改めて思いました」。念願がかなった瞬間、喜びが涙となってこぼれ落ちた。

開幕戦で地元Vでも、これはまだスタート。比嘉にはまだ夢がある。東京五輪への出場だ。今回、優勝したもののまだ上には畑岡奈紗と鈴木愛がおり、世界ランキングの大幅な上昇が求められる。「勝ちまくらないと届かない位置。毎週優勝争いをしないといけません」と前置きした上で、「チャンスがあるなら全力でつかみに行きたい。夢で終わらせず、自分でかなえたい」。地元大会優勝の夢をかなえても、まだまだ大志が尽きることはない。

他にも賞金女王という願いもある。「賞金女王はまだ考えていないですが、シーズン終盤で今日よりも成長していれば可能性はあると思います。今日みたいなゴルフをしていたら優勝争いで勝てませんから」。次なる夢へ。まだまだ歩みを止めるわけにはいかない。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「夢がかなった」涙の地元V スランプ乗り越え完全復活、比嘉真美子のこれまでを振り返る
・大会ホステス・新垣比菜が土日で40人抜き 得意のパット復調で今季に手応え
・ハワイ出身の23歳エイミー・コガ 得意のガマンで後半戦出場権をほぼ手中に
・沖縄勢が大健闘!比嘉真美子は「ツアーを引っ張っていきたい」【最終日コメント集】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ