LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

国内女子

3位にジャンプアップの“グルメ”な勝みなみ 店は「試合に行く前から決めています」

勝みなみは宮崎の美味しい食べ物と地元応援団の声をパワーにする LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2018)(2日目) 写真・米山聡明
勝みなみは宮崎の美味しい食べ物と地元応援団の声をパワーにする LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2018)(2日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 アン・ソンジュ -7 -9
2 ペ・ヒギョン -1 -8
3T 勝 みなみ -5 -6
3T 比嘉 真美子 -2 -6
5 申 ジエ +1 -5
6T 鈴木 愛 -3 -4
6T 大山 志保 -3 -4
8T 永峰 咲希 -3 -3
8T 成田 美寿々 -1 -3
10T 松田 鈴英 -2 -2
<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇23日◇宮崎カントリークラブ・宮崎県(6471ヤード・パー72)>

前日の鶏肉パワーが効いたのか。初日を1アンダーとした勝みなみが、5バーディ・ノーボギーの「67」で回り、トータル6アンダーの3位タイにジャンプアップ。首位と3打差に迫り、2週連続優勝を視界に捉えた。

前日は「地鶏とせせりと砂ずりを食べました。めっちゃおいしかったです」と、食も試合の楽しみの1つ。「試合の前から行く店は決めてあります」と、今週は韓国料理にも舌鼓を打った。ちなみに今夜も韓国料理。ツアー歴4年の勝にとっては、転戦を楽しむ余裕も生まれている。

話はゴルフに戻るが、この日はスコアも鳥のように上昇気流に乗った。1番で1.5メートル、8番で4メートルを決めると、9番でも3メートルを沈めた。後半に入っても13番パー5での2オン2パットなど、落とす気配のないゴルフに「楽しかった」とほおを緩めた。

ほかにもバーディチャンスにつけたホールで決めきれなかったパットを少しだけ悔やむが、「ノーボギーだったので明日につなげたい」と、表情は暗くない。「2週連続優勝の意識は?」の問いには、「いや、全然そんな(笑)」と、意識は目の前のことに集中。隣県の地元・鹿児島からの応援も味方に、2週連続優勝の偉業に挑む。(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・大会最年長の大山志保 “よくやっているね”の声に対し「まだ5割です」
・“ツンツン”、“ジョリジョリ”対策にスパイダー?永峰咲希はコーライがお好き!?
・「打ち切れなくて」 小祝さくらはキュートな笑顔の裏でイライラ…

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ