LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

国内女子

技のデパート・上田桃子は難コースに自信「若い選手より引き出しがある」

ベテラン・上田桃子がさすがのテクニック披露 2アンダー・好発進を決めた LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2018)(初日) 写真・米山聡明
ベテラン・上田桃子がさすがのテクニック披露 2アンダー・好発進を決めた LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2018)(初日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ペ・ヒギョン -7 -7
2 申 ジエ -6 -6
3 比嘉 真美子 -4 -4
4T 李 知姫 -3 -3
4T 菊地 絵理香 -3 -3
6T 上田 桃子 -2 -2
6T ユン・チェヨン -2 -2
6T 岡山 絵里 -2 -2
6T 黄 アルム -2 -2
6T 成田 美寿々 -2 -2
<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇22日◇宮崎カントリークラブ・宮崎県(6471ヤード・パー72)>

ベテランの味とはこのことだ。今季最終戦の初日を3バーディ・1ボギーで回り、2アンダー・6位タイ発進。今年は未勝利の上田桃子が上々のスタートを切った。

上田の宮崎カントリークラブの攻略法は、「9番から13番のチャンスホールで伸ばすこと」。ところが、この日の上田のスコアは、この5ホールで1オーバー。普通に考えれば厳しい状況も、前半の2バーディ、17番でもバーディを奪うなど、もくろみとは違うホールでスコアを伸ばすテクニックを披露した。

「例年より風がないのと、グリーンが止まるので。いつもとのギャップを感じつつ難しさもあったけど、風がないぶん楽だったと思います」と、ベテランらしいプレーぶり。「今日は3回ラフに行きました。ラフは長いですけど、そこまで打てないというところには行っていませんし、打ち方は若い選手より引き出しがあると思うので」と、技を駆使してスコアをつくった。

首位が7アンダーで飛び出したことについては、「5アンダーくらい行けるコンディションだった。ココの難しさは風が吹いたとき。毎日アンダーで回れるように頑張ります」と自信ありげな表情でコースを後にした。昨年10月以来の通算13勝目に向けて、上田の視界はかなりクリアと見て良さそうだ。(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・11・22、有村智恵はいい夫婦の日が誕生日 「来年か再来年には報告できるように」
・菊地絵理香は自身初の60台にも弱音「読めているんだか、読めていないんだか」
・1億円プレーヤーの持つ意味 初到達の成田美寿々と比嘉真美子が考える大台
・本日の記録は3時間19分、1人ラウンドの大里桃子は最後の最後でトラブル

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ