大王製紙エリエールレディスオープン

国内女子

「支えてくれた母や祖父に感謝」勝みなみがプロ初優勝 賞金女王はアン・ソンジュ

4打差独走でプロ初優勝を果たした勝みなみ 大王製紙エリエールレディスオープン(2018)(最終日) 写真・上山敬太
4打差独走でプロ初優勝を果たした勝みなみ 大王製紙エリエールレディスオープン(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 勝 みなみ -7 -20
2 松田 鈴英 -3 -16
3 菊地 絵理香 -7 -14
4T 李 知姫 -6 -13
4T 比嘉 真美子 -3 -13
4T 申 ジエ -1 -13
7T ユン・チェヨン -5 -12
7T 成田 美寿々 -8 -12
7T 永峰 咲希 -3 -12
7T 森田 遥 -2 -12
<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇18日◇エリエールゴルフクラブ松山・愛媛県(6525ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の最終日が終了し、この日7バーディ・ノーボギー「65」と7つ伸ばした勝みなみが、後続と4打差をつけるトータル20アンダー・単独首位でフィニッシュ。ツアーではプロ入り後初となる優勝を飾った。

小祝さくら、新垣比菜らとともに“黄金世代”と呼ばれる勝は、2014年に「KKT杯バンテリンレディス」でツアー史上最年少となる15歳293日でのアマチュアVを達成。今大会での優勝は4年ぶりのツアー2勝目、昨年のプロ入り後ではツアー初優勝となった。

勝はホールアウト後に「みんなが待っていてくれて嬉しかった。ここまで切磋琢磨してやってきたので。ほんとに苦しい時期がありましたが、支えてくれた母や祖父に感謝。切り替えて残り1戦頑張りたい」と語った。

また首位と4打差の2位には松田鈴英、6打差3位に菊地絵理香が入った。アマチュアの上野菜々子(東海大学附属仰星高3年)はトータル12アンダー・7位タイだった。

賞金ランク2位で今大会に挑んだ申ジエ(韓国)はトータル13アンダー・4位タイでフィニッシュした。逆転賞金女王へは優勝が最低条件だったため、この時点で女王戴冠の可能性が消滅。賞金ランク1位のアン・ソンジュ(韓国)が4年ぶりとなる自身4度目の賞金女王に輝いている。

ツアー通算3勝の一ノ瀬優希はトータル11アンダー・15位タイに入り、シード圏内の賞金ランク50位以上が確定。3年ぶりとなるシード返り咲きが決まった。

一方で、今大会開幕前の賞金ランク49位だった藤田さいきは、圏外に押し出されるかたちでシード陥落が確定。また、ランキング55位の渡邉彩香、同67位のサイ・ペイイン(台湾)、同69位の西山ゆかり、同70位のO.サタヤ(タイ)、同84位のイ・ボミ(韓国)らも圏内に入れず、賞金シード落ちが決まった(ボミは16年の賞金女王、メルセデスランキング1位の資格で19年までのシードを保持)。

【最終結果】
優勝:勝みなみ(-20)
2位:松田鈴英(-16)
3位:菊地絵理香(-14)
4位T:申ジエ(-13)
4位T:比嘉真美子(-13)
4位T:李知姫(-13)
7位T:上野菜々子(-12)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・集中切らさず要所を締めた勝みなみのプロ初勝利 守備力も光った4日間
・“黄金世代”がグリーン脇で勝みなみの優勝に歓喜! 新垣比菜「みなみちゃんらしい優勝」
・「自分がやれることはできた」松田鈴英は3度目の正直ならずも淡々 1W前モデル再投入が奏功
・4度目賞金女王戴冠のアン・ソンジュ 昨年との違いはクラブ契約フリーのモチベーションUP
・「“ゴルフが好きだ”とすごく感じることができた」イ・ボミが語る来季への意気込み

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ