大王製紙エリエールレディスオープン

国内女子

会心のイーグル締めで勝みなみが首位T浮上 直接入れたウェッジに描かれていたのは…

試合中、渾身の「やったー!」 大王製紙エリエールレディスオープン(2018)(3日目) 写真・上山敬太
試合中、渾身の「やったー!」 大王製紙エリエールレディスオープン(2018)(3日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 勝 みなみ -8 -13
1T 松田 鈴英 -4 -13
1T @上野 菜々子 -2 -13
1T 有村 智恵 -1 -13
5T 申 ジエ -7 -12
5T 権藤 可恋 -5 -12
5T キム・ヘリム -4 -12
5T テレサ・ルー -1 -12
9 新垣 比菜 -4 -11
10T 比嘉 真美子 -6 -10
<大王製紙エリエールレディスオープン 3日目◇17日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)>

「完璧だったと思う」。1イーグル・7バーディ・1ボギーでこの日のベストスコアとなる「64」を叩きだし、トータル13アンダーの首位タイに浮上した勝みなみは、そう言って笑った。

バーディラッシュの結末は劇的だった。スコアを6つ伸ばして迎えた18番。フェアウェイの残り99ヤードから放たれた球はピンへ一直線。ピン右20cmに着弾すると、スピンがかかりそのままカップイン。会心のイーグル締めに、両手を挙げて歓声に応えた。

このイーグルを奪った50度のウェッジは「樋口久子 三菱電機レディス」の週から投入したクリーブランドの最新モデル『RTX4』。強力なスピン性能が売りのモデルだが、バックフェースのデザインが様々あるのも特徴の1つ。実は勝のこの50度のウェッジは鷲の絵が描かれていたのだ。「どれも可愛いデザインで、一目で決めました。クラブを持つたびに気分が上がる」と話していたが、この時から実はこの日のイーグルを暗示していたのかもしれない。

その他にも「今日は100ヤード前後のショットが寄ってくれた」とこの日奪った7つのバーディのうち、4つがウェッジショットを寄せたもの。3試合前に投入した新兵器がようやくなじんできた。

今シーズン毎週のように上位に入り、4月に新垣比菜が、8月には大里桃子が初優勝するなど今年のツアーを象徴する言葉となった“黄金世代”。そんな一年のその締めくくりは、やっぱり世代で一番にプロツアー勝利を挙げた勝がふさわしい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松田鈴英は首位T浮上も「私は厳しい…」 ドライバー不調に約5年使用の前モデル投入も
・「順位をしっかり目に焼き付けた」上野菜々子が“強心臓”発揮で首位浮上 史上7人目のアマ優勝なるか
・「もったいない」シード圏内目指す渡邉彩香はムービングデーにスコアを伸ばせず…
・シード死守、復帰、獲得を目指すそれぞれの選手の思惑は…? 一ノ瀬優希は「もう慣れています(笑)」
・「賞金女王争いのプレッシャーは分かる」 イ・ボミの笑顔にアン・ソンジュもメロメロ?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ