大王製紙エリエールレディスオープン

国内女子

三浦桃香、「勉強になった」シーズンも終了目前 ここから来季に向けた戦いがスタート

三浦桃香の今シーズンは終了 サードQTへの調整を進める 大王製紙エリエールレディスオープン(2018)(2日目) 写真・上山敬太
三浦桃香の今シーズンは終了 サードQTへの調整を進める 大王製紙エリエールレディスオープン(2018)(2日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 有村 智恵 -5 -12
2T テレサ・ルー -9 -11
2T @上野 菜々子 -8 -11
4T 松田 鈴英 -7 -9
4T キム・ハヌル -8 -9
6 キム・ヘリム -5 -8
7T カリス・デイビッドソン -1 -7
7T ユン・チェヨン -7 -7
7T 新垣 比菜 -4 -7
7T 権藤 可恋 -1 -7
<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)>

初日を1オーバー・59位タイで終えた三浦桃香は、この日もスコアを伸ばせずトータル1オーバーでホールアウト。三浦は今季シーズンの全日程を消化。今後は、来週行われるサードQTに出場し、そこから来季出場権獲得を目指す。

「早かったです。悩むことも多い一年でした」。こうシーズンを振り返った三浦。賞金ランク81位(約941万円)で迎えた今季最終戦は、獲得賞金0円という結果に終わりそうだ。

QTランク34位の資格で臨んだレギュラー本格参戦初年度は33試合に出場。4月の「サイバーエージェント レディス」で7位タイに入るなど、序盤は勢いを見せた。この好調期を振り返っても「優勝なんてできると思っていなかったです。実力が足りてない」という気持ちを口にする。後半戦に入ると調子を落とし、7試合連続予選落ちなど苦しい時期も過ごしたが、それでも「自分のゴルフのレベルは上がった」と成長を感じる一年になった。

だがここで今年の試合が終わるわけではない。ここからは来週20日(火)から3日間行われるサードQT、それを通過すれば再来週のファイナルQTを迎える。来週には参加するB地区の山陽ゴルフ倶楽部 (岡山県)で練習ラウンドをはじめ、大一番に向けての調整を進める。

「まずはQTを上位で通過して、来年シードを獲れるように、今は頑張るしかない」。大会中の調整方法や、体力の配分など多くのことを学んだ今季のレギュラーシーズンでの戦い。「勉強になりました」と話した経験を来季に生かすためにも、まずはここから続く戦いをクリアしていく。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・川岸史果は「81」で予選落ち…昨季ツアー初優勝も1年でシード喪失
・「落ちるところまで落ちた」堀琴音の今シーズン 原因はオフのトレーニング
・原江里菜は開口一番「嫌だ…」 来季の出場権獲得ならず目を潤ませる
・プロ転向後初の賞金シード喪失 服部真夕は“初めてのQT”に「空気がこわい…」
・鷲は初シードの調べ? 安田彩乃と野澤真央が値千金のイーグル奪取で第一関門突破
・高3ゴルファーの教科書はPGAツアー “プラチナ世代”上野菜々子「ここまで来たら優勝を目指したい」 

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ