伊藤園レディスゴルフトーナメント

国内女子

松田鈴英が自身初の単独首位浮上 勝てば女王のアン・ソンジュは3差、イ・ボミは今季自己ベスト

自身初の単独首位浮上した松田鈴英 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2018)(2日目) 写真・米山聡明
自身初の単独首位浮上した松田鈴英 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2018)(2日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 松田 鈴英 -7 -11
2 黄 アルム -5 -10
3T 永井 花奈 -8 -9
3T 佐伯 三貴 -3 -9
5T アン・ソンジュ -5 -8
5T 青木 瀬令奈 -4 -8
7T 申 ジエ -3 -7
7T ユン・チェヨン -3 -7
9 成田 美寿々 -4 -6
10T 全 美貞 -5 -5
<伊藤園レディスゴルフトーナメント 2日目◇10日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

グレートアイランド倶楽部で行われている国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」2日目。全選手が2日目の競技を終えて、悲願の初優勝を狙う松田鈴英が「65」の猛チャージでトータル11アンダーまで伸ばし、単独首位に浮上した。

1打差の2位には今季2勝を挙げている黄アルム(韓国)。トータル9アンダーの3位タイには佐伯三貴と永井花奈の2人。賞金ランキング1位で勝てば女王戴冠のアン・ソンジュ(韓国)は青木瀬令奈と並ぶ首位と3打差の5位タイで残り18ホールへと挑む。

賞金ランキング2位の申ジエ(韓国)はトータル7アンダー・7位タイ。同3位で逆転女王を目指す鈴木愛は終盤のダボが響きトータル5アンダー・10位タイで最終日を迎える。

その他、大会3勝のイ・ボミ(韓国)は今季自己ベストとなる「67」でスコアを5つ伸ばしトータル3アンダーの27位タイ。昨年覇者・福田真未はトータル1アンダー・47位タイとギリギリの予選突破となった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「苦手なコース」を克服!自己ベストマークの永井花奈が見据える今季最終戦
・今季自己ベストの「67」をマーク! 勝負カラーを2日目に着たイ・ボミの“少し寂しい”理由
・賞金シードを賭けた戦いもし烈! “崖っぷち”からの浮上を果たす選手は一体?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ