伊藤園レディスゴルフトーナメント

国内女子

始球式が幻に…単独首位発進の佐伯三貴「カープが日本一になれなかったので頑張る!」

6アンダー・単独首位発進となった佐伯三貴 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2018)(初目) 写真・岩本芳弘
6アンダー・単独首位発進となった佐伯三貴 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2018)(初目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 佐伯 三貴 -6 -6
2 黄 アルム -5 -5
3T 鈴木 愛 -4 -4
3T 青木 瀬令奈 -4 -4
3T 一ノ瀬 優希 -4 -4
3T ユン・チェヨン -4 -4
3T 藤本 麻子 -4 -4
3T 松田 鈴英 -4 -4
3T 武尾 咲希 -4 -4
3T 大城 さつき -4 -4
<伊藤園レディスゴルフトーナメント 初日◇9日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

2010年大会の優勝者・佐伯三貴が、7バーディ・1ボギーで今季自己ベストタイとなる「66」をマーク。6アンダー・単独首位発進を決めた。

内容的には「100点満点に近い」と話したこの日のラウンド。出だしの10番で「寄せるつもりだった」と本人も思わず笑ってしまう16mのバーディパットを決めて勢いづくと、そこから快調にスコアを伸ばしていく。さらに16番では「ここも寄せるつもりでした(笑)」という20mのバーディパットを沈めるイケイケ状態だった。

昨年大会も初日7アンダーで、最終的に優勝を果たした福田真未と並ぶ首位発進。結果は9位タイに終わったが、相性の良さがうかがえるコースといえる。だが、佐伯は「明日は明日の風が吹くので」と気に留めていない様子。「状態はいいので、今日ミスした部分を修正して、もっとスコアを伸ばしたい」と目の前のプレーに集中する構えだ。

大の広島東洋カープファンとしても知られる佐伯。今年の日本シリーズでは、愛するチームが福岡ソフトバンクホークスに1勝4敗1分けで敗れ、1984年以来となる日本一の座を逃した。さらに、そこにはこんな裏話も。

実は佐伯、マツダスタジアムで行われる予定だった第7戦では、始球式の大役を任されていた。キャッチボールなどで準備も進めていたのだが、第6戦で勝負が決したことで登板は幻に終わった。「投げたかったですね。黒田さん(広島元投手・黒田博樹氏)からも『残念だったね』とLINEが来ました」と、“ダブルで”悔しさを味わうシリーズとなってしまったのだ。

それだけに「カープが日本一になれなかったので、頑張ります!」という気持ちは並々ならぬもの。現在賞金ランクは52位。シード復帰まであとわずかのところにいるが、「そんなのは関係ない。上だけを見たいです」。自分のため、そして愛するチームの雪辱を果たすために、ひたすら頂点を狙っていく。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松田鈴英が目指すは“マッチョなレイ”? 「世界でプレーしたい」念願を叶えるため目指せ脱スリム!
・残り2戦で最終戦出場を目指すキム・ハヌル 3打差発進も「満足いく結果ではない」
・8頭身美女ユン・チェヨンが悲願成就に力こぶ 「アグレッシブに攻めていきたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ