樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント

国内女子

高くティアップしたボールを打って フェースローテーションを確認

ペットボトルにゴムティを接着した自製のティでボールを打つ藤本麻子
ペットボトルにゴムティを接着した自製のティでボールを打つ藤本麻子

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 三ヶ島 かな -5 -5
2T 辻 梨恵 -4 -4
2T ペ・ヒギョン -4 -4
4T @髙久 みなみ -3 -3
4T 川岸 史果 -3 -3
4T 西山 ゆかり -3 -3
4T 李 知姫 -3 -3
4T エイミー・コガ -3 -3
4T 勝 みなみ -3 -3
4T @鬼塚 貴理 -3 -3
前週のNOBUTA GROUP マスターズGCレディース終了時点で、獲得賞金が3千44万7391円。賞金ランキングは36位。来季のシード権を確定させている藤本麻子。藤本は2009年にツアーデビュー。その年は2試合に出場。そして翌10年からツアーフル参戦。以来9年連続でシード権を確保している。それだけでも十分賞賛に値するが、本人に満足感はない。

「今年はまだ、最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップの出場権がないんです。限られた選手しか出場することができない最終戦は、ツアープレーヤーとして出たい試合です」と、藤本。

ツアーチャンピオンシップに出場できるのは、そのシーズンの優勝者と賞金ランキング25位までの選手。現時点での25位は勝みなみで、獲得賞金は3千808万200円。勝と藤本の差はおよそ800万円。合わせて昨年までの実績を見てみると、ツアーチャンピオンシップに出場するには、少なくともあと1千万円は賞金を上積みさせたいところだ。

そんな藤本が、今シーズンの総仕上げを迎えるために、改めて取り組み始めた練習法がある。高くティアップしたボールをシャフトを短く切ったドライバーで打つ練習だ。ティの高さは30センチ強。ペットボトルの上にゴムティを接着してボールを置き、スリークォーターの振り幅で左手1本でボールを打っている。ティを高くして短いクラブを振るのは、ヘッドの動きを分かりやすくするためだ。

「インパクトでボールを押し出すようにヘッドを外に振っていくクセがあるんです。それではつかまった強い球は打てません。体の回転でしっかりとフェースをローテーションさせることが大事。その左腕の動きを確認するためにやっています」

左腕は体の回転にともなって、自然に返したい。そして左腕の動きに合わせて右腕が返り、フェースがしっかりとローテーションする。ボールをつかまえることで、強く飛距離が伸びるボールが出るようになる。

つかまったボールを打って、ツアーチャンピオンシップの切符をつかむことができるか。今日から始まる樋口久子 三菱電機レディスでの藤本麻子のプレーに注目だ。藤本はアウトコース1番ホール、最終組10:00スタート。キム・ハヌルと永峰咲希とラウンドする。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ