富士通レディース

国内女子

ツアー初優勝を挙げた地で今季3勝目! 成田美寿々を頂点に導いた「これまでになかった考え方」

トレーナーの安福氏と共にうれしい3勝目! 富士通レディース(2018)(最終日) 写真・上山敬太
トレーナーの安福氏と共にうれしい3勝目! 富士通レディース(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 成田 美寿々 -4 -8
2 アン・ソンジュ -1 -7
3T 松田 鈴英 -4 -6
3T 三ヶ島 かな -1 -6
3T イ・ミニョン E -6
6T 葭葉 ルミ -6 -5
6T 一ノ瀬 優希 -2 -5
6T 髙橋 恵 -2 -5
6T 森田 遥 -2 -5
6T 東 浩子 -1 -5
<富士通レディース 最終日◇14日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,675ヤード・パー72)>

首位と2打差の6位タイで最終日を迎えた成田美寿々が、6バーディ・2ボギーの「68」をマーク。トータル8アンダーで今季3勝目、ツアー通算11勝目を挙げた。

18番グリーン後方に設置されたスタンド。トップタイの状態でホールアウトを迎えた成田はその場所で、同スコアで並び、1組後でプレーしていた最終組のアン・ソンジュ(韓国)のプレーを見守った。ソンジュが、残り1m強のパーパットを外したことを確認すると、静かに笑った。その後、隣で戦況を見守っていた同い年の青木瀬令奈や、祝福に駆けつけた葭葉ルミ、福田真未と肩を組み、ようやく大きな声を挙げ喜びを分かち合った。

「ここで最初に勝った時も、あのスタンドで後続の組を見ていました。最終日最終組での優勝ではなく、あの日と同じ景色でした」

この「富士通レディース」は、2012年にツアー初優勝を挙げた成田にとって思い出深い大会だ。その時も最終組ではなく、5打差を逆転しての優勝。打数の差の違いこそあれ、あの日の記憶がよみがえるのも無理はない。

「今回は2打差だったので、序盤から優勝だけを狙っていました」と話した成田。1、2番で連続バーディを奪うと、4番のバーディで単独トップに浮上した。その後も追いすがるソンジュとのデッドヒートが繰り広げられる。そして、1打リードのまま迎えた最終18番。ここでボギーを喫し、土壇場でソンジュと並ぶことになった。「(ソンジュが)外すわけない。プレーオフのことしか考えてなかった」というのが本音。しかし、その直後に優勝が決定する場面が目に飛び込んできた。

最近5試合で3度の予選落ちを喫するなど、「調子はよくなかったし、優勝できるとは思わなかった」という状態で迎えた今大会。さらに、先週、日本代表の一員として臨んだ国別対抗戦の「ULインターナショナル・クラウン」で、海外の強豪を相手に1勝も挙げられず、「調子が良くても勝てないと思うプレーばかりだった。飛距離、スピン量、球の高さすべてが違う。ショックでした」と失意の帰国となった。その直後だっただけに、なおさら「やっていることは間違っていない。自信が回復しました」と胸をなでおろした。

今大会では、普段は自身のトレーナーを務める安福一貴氏がキャディを務めたのだが、ここにも“不振脱却”の1つのヒントになったという。

開幕前は、広島東洋カープの福井優也投手らプロ野球選手を中心としたアスリートを担当する安福氏と、スイングに必要な体の動きを徹底的にディスカッション。「スタンスが狭いほうがいいスイングができているとか、いいボールを打っている時は右肩が動いているから、調子が悪いと思った時は、肩甲骨を動かすといい、みたいに。これまでにこの考え方はなく、それがハマりました」と、新たな考え方も奏功した。

「1億円プレーヤーになることと、年間5勝という目標はぶれません。あと2勝」と今後の目標も改めて宣言。その先には「米国ツアー挑戦」や「東京五輪出場」など、まだまだ26歳の夢は広がっている。その目的地に一歩近づく優勝となった。(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・敗戦に大号泣 今季4勝のアン・ソンジュが繰り返した「実力が足りない」という言葉
・“憧れ”チョン・インジとの約束を果たした松田鈴英 「TOTOジャパンクラシック」での再会を心待ち
・最終日はバンカーに苦しめられるも… 三浦桃香は「成長を感じる3日間」
・日本アマランク1位の西村優菜が『単独』でのローアマを獲得 「もっとアグレッシブにいかないと…」と反省も忘れず

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ