スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

ささきしょうこが逆転で涙のツアー2勝目 新垣比菜は1打及ばず

逆転でツアー通算2勝目を果たしたささきしょうこ スタンレーレディスゴルフトーナメント(2018)(最終日) 写真・鈴木祥
逆転でツアー通算2勝目を果たしたささきしょうこ スタンレーレディスゴルフトーナメント(2018)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ささき しょうこ -4 -10
2T 新垣 比菜 -2 -9
2T 全 美貞 -2 -9
4T 永峰 咲希 -6 -8
4T 岡山 絵里 -4 -8
4T 黄 アルム -3 -8
7 青木 瀬令奈 -3 -5
8 東 浩子 -1 -4
9T 森田 遥 -5 -3
9T 菊地 絵理香 -3 -3
<スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日◇7日◇東名カントリークラブ(6571ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」最終日の競技が終了し、首位と1打差の3位から出たささきしょうこが5バーディ・1ボギーの「68」をマーク。トータル10アンダーで逆転し、2016年の「大東建託・いい部屋ネットレディス」以来となる2年ぶりのツアー2勝目を飾った。

前半で4つ伸ばして単独首位ターンを決めたささきだが、後半は12番でボギーが先にくるなど、一転しのぐ展開に。16番で首位に並ばれるも、17番パー4で待望のバーディ奪取。最終18番では1mのパーパットをしっかりと沈めて優勝を決めた。涙を流しながら、キャディ、黄アルム(韓国)らとハグで喜びを分かち合った。

首位タイから出た新垣比菜は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「70」と2つ伸ばしたが、トータル9アンダー・2位タイと勝利まで1打届かず。今季2勝目を逃した。

新垣と同じく2位タイに全美貞(韓国)。トータル8アンダー・4位タイに永峰咲希、岡山絵里、黄アルムが入った。2015年大会覇者のイ・ボミ(韓国)はトータルイーブンパー・28位タイだった。

【最終結果】
優勝:ささきしょうこ(-10)
2位T:新垣比菜(-9)
2位T:全美貞(-9)
4位T:永峰咲希(-8)
4位T:岡山絵里(-8)
4位T:黄アルム(-8)
7位:青木瀬令奈(-5)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・新垣比菜は痛恨ダボから追いつくも2勝目ならず「最後の2打目がショック…」
・永峰咲希は富士の裾野で2勝目ならずも「上位争いができて素直にうれしい」
・小祝さくら、トップ10フィニッシュもショット不調に「基本から、型から作る」
・イ・ボミはショットにまだまだ課題…来週は母国で休養→ホステス大会へ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ