スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

新垣比菜がドライバー安定で50万円ゲット!意識するリズムは「たーん、たん!」

新垣比菜は“たーん、たん!”のリズムでドライバーが好調 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2018)(1日目) 写真・上山敬太
新垣比菜は“たーん、たん!”のリズムでドライバーが好調 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2018)(1日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 新垣 比菜 -4 -4
1T 大山 志保 -4 -4
1T 原 英莉花 -4 -4
1T 全 美貞 -4 -4
5T 辻 梨恵 -3 -3
5T 穴井 詩 -3 -3
7T @山口 すず夏 -2 -2
7T 福田 裕子 -2 -2
9T 東 浩子 -1 -1
9T ユン・チェヨン -1 -1
<スタンレーレディス 初日◇5日◇東名カントリークラブ(6571ヤード・パー72)>

「マンシングウェアレディース」から3週連続で上位争いに顔を出している新垣比菜が今週も好スタートを切った。7バーディ・3ボギーの「68」で、原英莉花らと並ぶ4アンダー・首位タイ発進を決めた。

加えて7バーディはこの日最多のバーディ数。各日に設けられている『ベストオブチャレンジ賞(バーディ1P、イーグル4P、ホールインワン6P、アルバトロス8Pとして最多ポイントを獲得した選手)』を獲得し、賞金50万円もゲット。目録を手に、自身の名前が書かれたボードの前で、笑顔で写真に収まった。

好プレーの要因はドライバーショットが「リズムよく打てています」と安定していたこと。ドライバーでのティショットではほぼフェアウェイを外さず、フェアウェイキープ率1位タイの数字。砲台グリーンが多く、いい位置に置かなければセカンドショットが難しくなる東名カントリークラブでこれは大きなアドバンテージだ。

「マンシングくらいからずっといい」というドライバーショットで意識しているのはリズム。新垣の悪いクセとして、テンポが速くなることが挙げられる。「だからといって、ゆっくり振るわけではないのですが速くならないように意識しています。言葉で言うと…難しいですが“たーん、たん!”という感じですかね。“たん、たん、たん”ではないです」。

それを心がけるだけで無く、キャディの清水重憲氏にも見てもらい速くなっていれば「もう少しゆっくり」と声をかけてもらうことで安定感をキープした。「アース・モンダミンカップ」で初めて組んだ清水氏とはこれで5度目のタッグ。最初はお互い探り探りだったが、もうクセも把握しており息の合ったプレーを見せている。

こちらは意識したわけではないが、奇遇にも今回泊まっているホテルは、初優勝を挙げた「サイバーエージェント レディス」と同じホテル。「ゲンを担いだわけでは無く、その時と同じものを食べたりはしていません(笑)」と言うがいいイメージがあるのには間違いない。そして奇遇にもサイバーと同じ首位タイ発進。こうなれば、初優勝時と同様に2日目に混戦から抜け出してデジャブの2勝目といきたい。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・米ツアーQT一次突破のアマチュア・山口すず夏が考える“米国で戦うために必要なこと”
・ジャンボの“無言のアドバイス”が奏功!?原英莉花がプロ転向後初の首位T発進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ