日本女子オープンゴルフ選手権競技

国内女子

元世界1位ユ・ソヨンが日本女子OP制覇 畑岡奈紗は史上2人目の3連覇ならず

貫禄のゴルフでナショナルオープンを制したユ・ソヨン 日本女子オープンゴルフ選手権競技(2018)(最終日) 写真・村上航
貫禄のゴルフでナショナルオープンを制したユ・ソヨン 日本女子オープンゴルフ選手権競技(2018)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ユ・ソヨン -5 -15
2 畑岡 奈紗 -4 -12
3 菊地 絵理香 E -10
4 フェービー・ヤオ +2 -7
5T 岡山 絵里 -3 -5
5T ユン・チェヨン -2 -5
5T テレサ・ルー +1 -5
8T @後藤 未有 +1 -4
8T 渡邉 彩香 +1 -4
8T 宮里 美香 +1 -4
<日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日◇30日◇千葉カントリークラブ野田コース(6,677ヤード・パー72)>

国内女子ツアーの今季メジャー第3戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」最終日の競技が終了し、元世界ランク1位、現世界ランク4位のユ・ソヨン(韓国)が5バーディ・ノーボギーの「67」でラウンド。後続に3打差をつけるトータル15アンダーで優勝を果たした。

出だしの1番から5ホール連続でパーを並べたソヨンは、6番でこの日初のバーディを奪うと、7番、9番でもスコアを伸ばし、後続に3打差をつけて折り返す。後半でも2バーディ・ノーボギーと安定したゴルフを展開。最終18番でウィニングパットを沈め、大観衆の拍手喝采に右手を上げて応えた。

樋口久子以来となる史上2人目の大会3連覇がかかっていた畑岡奈紗は、4バーディ・ノーボギー「68」と4つ伸ばすも追撃及ばず。首位と3打差のトータル12アンダー・単独2位で4日間を終えた。

トータル10アンダー・単独3位に菊地絵理香。トータル7アンダー・単独4位にテレサ・ルー(台湾)が入った。後藤未有(沖学園高校3年)がトータル4アンダー・8位タイでフィニッシュし、ベストアマを獲得している。

【最終結果】
優勝:ユ・ソヨン(-15)
2位:畑岡奈紗(-12)
3位:菊地絵理香(-10)
4位:フェービー・ヤオ(-7)
5位T:岡山絵里(-5)
5位T:ユン・チェヨン(-5)
5位T:テレサ・ルー(-5)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・史上2人目の3連覇ならず… 畑岡奈紗は来年以降のリベンジを誓う
・「あんなに安定した選手は見たことがない」 3位終戦の菊地絵理香はユ・ソヨンのプレーに脱帽
・ローアマに輝いた後藤未有「ナショナル・チームに入れなくても勝てると勇気づけられたかな」
・高校最後の日本女子OPは55位 安田祐香「4日間戦えてよかった」
・小さな気づきが大きな効果をもたらすか? イ・ボミのスイングに安定感をもたらしたワンポイント

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ