マンシングウェアレディース東海クラシック

国内女子

セキ・ユウティン、ささきしょうこが首位で最終日へ 1打差に鈴木愛ら

中国美女セキ・ユウティンがツアー初Vに王手をかけた マンシングウェアレディース東海クラシック(2018)(2日目) 写真・上山敬太
中国美女セキ・ユウティンがツアー初Vに王手をかけた マンシングウェアレディース東海クラシック(2018)(2日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T セキ ユウティン -8 -10
1T ささき しょうこ -8 -10
3T アン・ソンジュ -7 -9
3T キム・ハヌル -6 -9
3T イ・ミニョン -5 -9
3T 新垣 比菜 -4 -9
3T 鈴木 愛 -3 -9
8T 岡山 絵里 -6 -8
8T @安田 祐香 -6 -8
10T 大出 瑞月 -6 -7
<マンシングウェアレディース東海クラシック 2日目◇15日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6446ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」2日目の競技が終了し、ホステスプロのセキ・ユウティン(中国)がささきしょうこと並び、トータル10アンダー・首位でフィニッシュ。ツアー初優勝をかけて最終日に臨む。

1打差3位タイにはいずれもホステスの鈴木愛、キム・ハヌル(韓国)、新垣比菜らと今季4勝を挙げているアン・ソンジュ、イ・ミニョン(ともに韓国)の5人。2打差8位タイにアマチュアの安田祐香(滝川第二高校3年)、岡山絵里が続いた。

初日に首位タイ発進を見せた香妻琴乃は「71」と1つ伸ばすにとどまり、トータル7アンダー・10位タイに後退。大会初優勝を目指すホステスのイ・ボミ(韓国)は4バーディ・ノーボギーの「68」で回り、トータル3アンダー・27位タイで決勝ラウンドにコマを進めている。

【2日目の順位】
1位T:セキ・ユウティン(-10)
1位T:ささきしょうこ(-10)
3位T:鈴木愛(-9)
3位T:キム・ハヌル(-9)
3位T:新垣比菜(-9)
3位T:アン・ソンジュ(-9)
3位T:イ・ミニョン(-9)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・初優勝の地でキム・ハヌルが1打差まで接近「いいイメージでプレーできる」
・史上7人目のアマチュアV圏内につけた安田祐香 「プレーを間近で見たい」と話した鈴木愛とのラウンドも実現
・香妻琴乃は重いグリーンに苦しめられ3打差後退 逆転Vへ「ショットでバーディを獲る気持ちで」
・「ショットの悩みがない秋を迎えたい」 イ・ボミは『68』で3戦ぶりの決勝ラウンド進出
・2018年の“ドラコン女王”は穴井詩 3連覇逃した渡邉彩香は「出直します」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ