日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

国内女子

やっぱり鈴木愛が来た!2カ月ぶり出場で好位置キープに目標を上方修正「トップ10を目指す」

悪天候でもカメラマンに笑顔を見せる鈴木愛 日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯(2018)(2日目) 写真・鈴木祥
悪天候でもカメラマンに笑顔を見せる鈴木愛 日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯(2018)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 申 ジエ -6 -11
2T テレサ・ルー -2 -6
2T 大山 志保 -3 -6
2T 小祝 さくら -1 -6
2T 福田 真未 -2 -6
6T 岩橋 里衣 -2 -5
6T 木村 彩子 -4 -5
6T 菊地 絵理香 -2 -5
6T ジョン ジェウン -4 -5
6T 石川 明日香 -3 -5
<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 2日目◇7日◇小杉カントリークラブ(6,605ヤード・パー72)>

2014年にツアー初優勝、そして16年と「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」で2勝を挙げている鈴木愛。今年は右手首痛のため、7月の「ニッポンハムレディスクラシック」以来、約2カ月ぶりの出場となったが、3アンダーと上位争いの輪に加わってきた。

午前組でアウトコースからスタートした鈴木は、出だしの1番で残り91ヤードから3mにつけてバーディが先行。さらに11番パー5でも40ヤードの3打目を「入りそうだった」と3cmにピタリ。悪天候による中断明けとなった16番のセカンドショットを右に曲げてボギーとしたが、上がりの18番では5mのパーパットを沈めて笑顔でフィニッシュ。「予選突破できればいいかな」という目標のはるか上で最初の2日間を終えた。

雨風強い中でのラウンドに「ここまでタフになるとは思わなかった。途中“これ、やれるのかな”って思うこともあった」という過酷な1日。だが、こういった展開は大歓迎だ。「バーディ合戦よりも我慢大会のほうが好き。明日も今日みたいに荒れてくれれば。他の選手よりもパーを重ねられる自信はあるので」。得意な展開はブランクをかき消し、上位を争える位置まで導いた。

「トップ10を目指したいと思います」とこの位置での予選突破に、目標も上方修正。「明日も荒れますか?」と記者に逆質問し、“雨予報です”と聞くと「よし」とうなずいた鈴木。大荒れの展開となればさらなる上方修正の可能性はさらに高まる。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「何がいけないのか分からない」 勝みなみが抱える苦悩
・「連覇目指すとか言っちゃったし…」昨年覇者が意地の4バウンスバックで予選落ち回避
・「パーを獲るのに必死でした」松田鈴英が雨のラウンドで感じた成長
・4度目のエース達成の有村智恵 そのホールインワン賞を聞いてさらにニッコリ
・過去には観戦も…北海道出身・菊地絵理香はANAオープン中止に「厳しいと思っていました」
・胸を躍らす2週間を迎える三浦桃香 予選落ちにも「頑張ります、頑張れると思います、頑張らないといけない」
・大山志保、近ごろ話題の“30歳の壁”に「考えすぎ、心の持ちよう!」
・「何か包まれている感じ」キャップを被らない福田真未の独特な世界観

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ