CAT Ladies

国内女子

“黄金世代”大里桃子がツアー初優勝 「熊本に元気を与えたい」

ツアー初優勝を果たした“黄金世代”の大里桃子 CAT Ladies(2018)(最終日) 写真・上山敬太
ツアー初優勝を果たした“黄金世代”の大里桃子 CAT Ladies(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 大里 桃子 E -10
2 森田 遥 -1 -8
3T アン・ソンジュ -3 -7
3T 菊地 絵理香 -3 -7
3T 飯島 茜 -1 -7
6T イ・ミニョン -5 -6
6T 吉本 ひかる -3 -6
6T 酒井 美紀 -3 -6
6T 穴井 詩 -2 -6
6T 香妻 琴乃 E -6
<CAT Ladies 最終日◇19日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード・パー73)>

国内女子ツアー「CAT Ladies」最終日の競技が終了し、10アンダー・単独首位から出た20歳・大里桃子が3バーディ・3ボギーの「73」で回り、トータル10アンダーで逃げ切り勝利。先日のプロテスト合格からわずか3試合目でツアー初優勝を果たした。

大里は勝みなみや新垣比菜らと同じく、1998年4月~99年3月生まれの“黄金世代”の一人。今年4月の「サイバーエージェントレディス」でツアー初優勝を挙げた新垣に続き、黄金世代では今季通算2勝目となった。

ホールアウト後には「1番バーディだったけど、そこから伸ばせず、落とした時もあって苦しいゴルフ」とこの日を振り返った大里。「でも最後バーディを決められて、いい思い出になりました。(出身地の)熊本は震災があって、今も被災している方がたくさんいる。その方に元気を与えられるよう、これからも頑張ります」とファンの前でさらなる健闘を誓った。

首位と2打差の2位に森田遥。3打差の3位タイに菊地絵理香、飯島茜、アン・ソンジュ(韓国)、4打差の6位タイには約1年2ケ月ぶりのトップ10入りとなった香妻琴乃ら5人が入った。

3試合ぶりに決勝ラウンドを戦ったイ・ボミ(韓国)は4バーディ・2ボギーの「71」。トータル2アンダー・26位タイで3日間を終えた。

【最終結果】
優勝:大里桃子(-10)
2位:森田遥(-8)
3位T:菊地絵理香(-7)
3位T:飯島茜(-7)
3位T:アン・ソンジュ(-7)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・父と二人三脚でつかんだツアー初優勝 孝行娘が叶えた父親の“夢 ”とは?
・粘りのゴルフも2打及ばず 2勝目逃すも森田遥は「今回の結果が自信に」
・地元決戦前に調子アゲアゲ!菊地絵理香が3カ月ぶりのトップ10
・最後は笑顔締め!イ・ボミ「プレーへのもどかしさも力にしたい」
・36位タイの原英莉花 鬼門を克服できず「ガツガツしてしまった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ