NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

国内女子

黄アルムが今季2勝目へ独走、全英4位の比嘉は「65」で浮上

黄アルムが今季2度目の完全優勝に王手 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2018)(2日目) 写真・米山聡明
黄アルムが今季2度目の完全優勝に王手 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2018)(2日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 黄 アルム -5 -14
2 申 ジエ -4 -8
3T 若林 舞衣子 -4 -7
3T 武尾 咲希 -3 -7
3T 権藤 可恋 -3 -7
3T 木戸 愛 -1 -7
7T 李 知姫 -5 -6
7T 沖 せいら -5 -6
7T 福田 真未 -4 -6
7T 松田 鈴英 -4 -6
<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇11日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,655ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2日目。全選手がホールアウトし、初日9アンダー・単独首位からスタートした黄アルム(韓国)が、トータル14アンダーにスコアを伸ばし、首位堅持。「大東建託・いい部屋ネットレディス」に続く、完全優勝に王手をかけた。

2位はトータル8アンダーの申ジエ(韓国)。トータル7アンダー・3位タイには、若林舞衣子、木戸愛、武尾咲希、権藤可恋の4名が並ぶ。

トータル6アンダー・7位タイには大山志保、李知姫、沖せいら、福田真未、松田鈴英、勝みなみ、原英莉花、藤本麻子、永峰咲希、石川明日香、小祝さくら。

今大会ディフェンディングチャンピオンで、先週の「全英リコー女子オープン」で4位の好成績を収めた比嘉真美子は、初日2オーバー・87位と出遅れたものの、2日目に「65」をマークし、トータル5アンダー・18位タイに浮上。

またホステスプロの原江里菜はトータル4アンダー・90位タイで予選落ちとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・まさにユーティリティ!フェアウェイ、ラフ、グリーン周りで使える木戸愛の5U
・沖せいらは4週ぶりの予選通過、パットの悩みを解消してくれた絶好調プロとは?
・元祖飛ばし屋・福嶋晃子が救世主、渡邉彩香の逆襲が始まる!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ