北海道meijiカップ

国内女子

精一杯だった初優勝とは異った余裕…福田真未は「早く3勝目を挙げたい」

見事な逃げ切りでツアー2勝目を手にした福田真未 北海道meijiカップ(2018)(最終日) 写真・上山敬太
見事な逃げ切りでツアー2勝目を手にした福田真未 北海道meijiカップ(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 福田 真未 -4 -15
2 申 ジエ -5 -13
3 青木 瀬令奈 -4 -12
4T 金田 久美子 -7 -9
4T 藤本 麻子 -2 -9
6 ユン・チェヨン -3 -8
7 穴井 詩 -4 -7
8T イ・ミニョン -2 -6
8T ペ・ヒギョン -1 -6
10T 藤田 さいき -2 -5
<北海道meijiカップ 最終日◇5日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,493ヤード・パー72)>

2日目を終えて、11アンダー・単独首位に立った福田真未、3打差で追いかける青木瀬令奈と申ジエ(韓国)によって争われた「北海道meijiカップ」最終日。3人全員が伸ばしあう展開となったが、福田が一度も首位を譲らずトータル15アンダーで逃げ切り、2017年「伊藤園レディス」以来のツアー2勝目を挙げた。

「朝からいい緊張感で楽しくラウンドできました」という福田は、後半13番まで4バーディ・ノーボギーと順調にスコアを伸ばす。14番で1mのパーパットを外して、初ボギーを喫するも、終盤の16番パー3でトータル15アンダーに戻した時点で「少し優勝を意識しました」と気合を入れなおし、残り2ホールをパーで締めた。

「初優勝のときはすべてにおいて緊張していて、ショットを打つ際も、運ぶのが精一杯でしたが、今日は、少しでも伸ばさないと勝てない!という気持ちで、思い切り打つ意識を保つことができました」と、ときおり笑顔を見せながらの余裕あるラウンドで、同開催コースのトーナメントレコードを樹立。「初優勝の時は、プロ入りして苦しい時期があったので、『長かったなぁ』と思いましたが、今年はオフにいい準備ができたので、勝てる感触がありました。優勝してリコーカップに出場することを掲げていましたが、達成できた。いまは早く3勝目をあげたいという気持ちが芽生えています」と、次なる目標を口にした。

表彰式の優勝スピーチでは、北海道愛を語ったが、若干しどろもどろになる場面があり、「本当に恥ずかしいです。やり直したい(笑)」と顔を赤らめた福田。それでも「プロになって初めてトップ10に入ったのは、(北海道の)恵庭で行われた女子プロゴルフ選手権(※2013年、6位タイ)なんです!」と相性の良さを強調。凛とした表情で会見に挑んでいたが、徐々に天然ぶりを発揮。優勝副賞でmeiji製品10年分を手にしたが、「寄贈する予定です。私はお菓子が大好きで(小さい頃も)感動していた。お菓子で感動を与えたいです」と、締めたつもりだったが、「あれ?いや!ゴルフで感動を与えたいです(笑)」と訂正した。(文・標英俊)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・青木瀬令奈、競り負けるも…同級生の優勝に「良く頑張ったね、おめでとう!」
・金田久美子、原点に立ち戻り…「何年ぶりだろう?ってくらいパットが入った」
・小祝さくら、地元大会で悔しい結果も…次の北海道試合は「成長知る機会で楽しみ」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ