北海道meijiカップ

国内女子

地元期待の小祝さくらは60位発進も切り替え「早いスタートのほうが有利」

明日は明日の風が吹く? 小祝さくらは1オーバー出遅れも前向き 北海道meijiカップ(2018)(初日) 写真・佐々木啓
明日は明日の風が吹く? 小祝さくらは1オーバー出遅れも前向き 北海道meijiカップ(2018)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 申 ジエ -6 -6
2T 酒井 美紀 -3 -3
2T 一ノ瀬 優希 -3 -3
2T 竹内 美雪 -3 -3
2T ユン・チェヨン -3 -3
2T 藤田 さいき -3 -3
2T 藤本 麻子 -3 -3
2T 佐伯 三貴 -3 -3
2T 福田 真未 -3 -3
2T 永峰 咲希 -3 -3
<北海道meijiカップ 初日◇3日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,493ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「北海道meijiカップ」が8月3日(金)に開幕。地元ファン期待の小祝さくらは、最終組から1つ前で勝みなみ、大山志保とのラウンドだったが、1バーディ・3ボギー「74」で60位タイと出遅れるかたちとなった。

「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」「センチュリー21レディス」「大東建託・いい部屋ネットレディス」と3試合連続で5位以内フィニッシュと、優勝への期待を高めての地元凱旋。スタートホールでギャラリーの声援を受け、地元ファンを引き連れるも、好スコアはマークできなかった。

試合後には「声をかけて頂くことは多かったですが、期待には応えられなかったですね。風が強くて、運がない部分もありました」と反省を口にした小祝。だが「このコースは午後から風が吹くのはわかっていて、遅いスタートが“不利だな”とは思っていました。調子が上がらない状態でしたが、楽しく話しながらプレーできましたので、“そんな日もあるかぁ”と割り切ることができましたし、明日は早いスタートなのでいいですね」と前を向いた。

現在、トータルドライビングはツアー全体で7位。プロ入り約1年ながら、ツアー屈指のドライバー巧者と言ってもいいが、「今日のフェアウェイキープは4度のみ。今年ではかなり少ないです。(出そうで出なかった)悪い部分が出てしまった感覚ですね」と、自慢のティショットが安定せず。2日目に向けては、「集中力を高めて、フェアウェイキープ率を良くしたい」と、地元ファンの前での活躍を誓った。(文・標英俊)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

・佐伯三貴が語る広島への思い「報道は少なくなってしまいますが…」
・申ジエがプロテストトップ合格のエイミーを絶賛?「似ていると思う選手は…」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ