大東建託・いい部屋ネットレディス

国内女子

「9年は長すぎた」黄アルムが“変化”を求めてつかんだ勝利

9年ぶりの復活優勝を遂げた黄アルム 大東建託・いい部屋ネットレディス(2018)(最終日) 写真・鈴木祥
9年ぶりの復活優勝を遂げた黄アルム 大東建託・いい部屋ネットレディス(2018)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 黄 アルム E -14
2 イ・ミニョン -3 -14
3T 小祝 さくら -3 -11
3T @安田 祐香 -1 -11
5 キム・ヘリム -6 -10
6 フェービー・ヤオ -1 -9
7 比嘉 真美子 E -6
8T 野澤 真央 -3 -5
8T 上田 桃子 +1 -5
8T アン・ソンジュ +1 -5
<大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日◇29日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,685ヤード・パー72)>

黄アルム(韓国)が、9年間影をひそめていた輝きを取り戻した。初日に7アンダー・単独首位に立つと、そのまま首位を守り続けて迎えた最終日。最終ホールで痛恨のボギーをたたき、トータル14アンダーで首位に並んだイ・ミニョン(韓国)とのプレーオフにもつれ込んだが、これを制して優勝をつかみとった。

優勝カップを手にするのは、2009年「ヤマハレディースオープン葛城」以来、実に9年ぶり。「9年は長すぎて、忘れるくらいでした。もう、自分の中で優勝できないと思っていたかもしれません」。3日間トップを独走するあいだ、“優勝”の2文字が頭をよぎったはず。それでも「自分のなかで、優勝はないと思っていました。ミニョンはミニョン、私は私で、自分のことをやるだけと決めていた」と、とにかく自分のプレーに集中して最後まで戦い抜いた。

簡単に思えることだが、「周りを気にせず、自分のプレーを守る」ために訓練を積んできた。2年ほど前から、米ツアーで活躍するインビー・パーク(韓国)らを指導するメンタルトレーニングの専門家のもとへ。勝つためには「今のままでは何も変わらないと思った」と思い切った決断だった。今は自分で練習しているというが、その効果が今回の優勝争いに生きたようだ。

加えて、1年半前からスイングコーチも変更。6月の「ヨネックスレディス」から、思い切ってパターも変えた。練習ラウンド中、藤田さいきから「パターが重い。ストロークとパターが合ってないよ」というアドバイスがきっかけで、生まれて初めてセンターシャフトのブレード型に変更した。大会4日間を通しての平均パット数は大会2位(28.75回)。昨年は平均パット数68位(30.19回)に沈んでいたパットの改善が復活優勝への道筋となった。

優勝から遠ざかっていた9年、『ゴルフを辞めたい』と口にしたこともあった。ようやくつかんだ勝利に涙こそ見せなかったが、安堵の表情を浮かべる。「結果は自分で決めるものではないと考えてきました。今後も、1打1打かみ合えば、今日みたいにスコアがでる。それだけです」。久々の栄光に、ようやく自信と輝きを取り戻した。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・肝っ玉は元・世界女王級 “ほぼプロ”安田祐香の強さとは
・小祝さくらは後半「33」猛チャージ 地元初優勝へ弾みの3位
・“美人女子プロ”タッグで好プレー! 金田久美子が今季ベストの11位タイ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ